絨毛膜下血腫 原因と症状

絨毛膜下血腫とは、妊娠時に卵膜の3層の膜の絨毛膜の下に血のかたまりがたまってしまう病気です。

体の中にできる血のかたまりは全て、血腫と呼ばれ絨毛膜下血腫も同様です。

この血のかたまりが出来た場所が子宮口に近ければ近いほど出血しやすくときには流産や早産の原因にもなるほどの大量出血をおこす場合もあります。

絨毛膜下血腫の症状としては、妊娠初期から中期程度までの妊婦が出血を起こしたり、切迫早産や切迫流産などで腹痛をおぼえることもあります。

絨毛膜下血腫の原因は、未だに何が原因なのかはっきりとはわかっていません。

現在分かっているのは、妊娠で胎盤が作られる過程で胎盤が子宮内膜に根を伸ばし血管が絨毛膜に入り込むことで血流が増え出血をおこし、貯まった血が血腫となります。

この出血には、パンツに茶色い色の血が出る程度から、鮮血が大量に出るものまであります。

絨毛膜下血腫 治療方法

絨毛膜下血腫は、診断されると多くの場合が自宅での安静が医師から指示されます。

また、大量に出血をしている場合には、入院し出血を止めたり、細菌が侵入しないような治療が行われます。

しかし、絨毛膜下血腫を取るための治療は無く、貯まった血が全て出きるか、体内に吸収されるまで安静にしている以外に治療方法はありません。

治療方法はないものの、安静にしていることが最も良い治療になり、切迫流産や早産などの症状がある場合には、投薬で子宮の収縮を抑える治療が行われます。

赤ちゃんと母体を守るためにも、妊娠後、違和感や出血などが出た場合には早急に医師の診察を受け、医師の指示にできる限り従いましょう。

また、大量に出血をすると、流産などを考え不安に感じる方が多いですが、赤ちゃんの心音が確認できれば多くの場合5か月程度までに血腫は消えてしまいます。

そのため、赤ちゃんに血腫が何らかの影響を与えることはないと考えられています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ