膀胱炎 原因と症状

膀胱炎とは、膀胱や排尿を行う器官に細菌が入り、繁殖することで起きる病気です。

膀胱炎の症状としては、急性膀胱炎と慢性膀胱炎で少し症状が違います。

急性膀胱炎の場合の症状は、排尿時に感じる痛み(排尿痛)、排尿後に感じる痛み、また頻尿や残尿感

尿混濁や尿に血液が混じる血尿などの症状があらわれます。

慢性膀胱炎の場合には、上記の症状が急には現れず、体力の低下とともに症状が徐々に進行してゆきます。

膀胱炎の原因としては、主に大腸などの細菌が何らかの理由で膀胱に入ってしまうことが主です。

しかし、夏場の冷房での冷えや、尿意を我慢する、水分不足などでも症状が急速に悪化する原因になります。

尿意を我慢したり、水分が不足すると、膀胱に溜まってしまった細菌を尿で外に排出することができずに症状が強く表れます。

そのため、膀胱炎は、尿道が長い男性に少なく、尿道の短い女性に多く発症します。

また、冷え性で悩んでいる女性も多く、妊娠中や産後は膀胱が子宮で押され排尿が多くなります。

その排尿を我慢してしまうと、多くの方が産後に膀胱炎になってしまう方が多いようです。

膀胱炎 治療方法

症状の軽い膀胱炎の場合には、投薬での治療は行わず、白湯などを多く摂取し排尿をたくさん促すことで治療を行います。

この際に冷えも予防するために、ひざ掛けなどを使い特にお腹まわりから下半身が冷えないように注意しましょう。

また、急性膀胱炎で、血尿が出たり、激しい排尿痛、腹痛などの症状がある場合には、早急に内科を受診しましょう。

膀胱炎もその他の病気と同じく、早期治療をすることで症状が早めに改善されます。

また、症状が軽くても数日症状が続く場合にも早めに病院を受診することをオススメします。

何度も膀胱炎を経験している方は、水分の補給方法や排尿後に肛門周辺を拭いたトイレットペーパーなどを使わないようにしましょう。

さらに、女性の場合には、パンツをこまめに変えたり、おりものパットの利用などで陰部の清潔を保つよう心がけましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ