妊婦 体操

妊娠は、女性の体の中に新たな命が宿る神秘的なもの…。

妊娠は病気ではないという方も多くいますが、妊娠中にも十分な体操や運動などが必要です。

この妊娠中の運動や体操は、出産時に必要な筋力や体力を保つだけではなく、お腹の中の赤ちゃんへの健康面でも必要です。

さらに、運動や体操をすることで、妊娠に関する不安や出産に対する恐怖などを少しでも軽減できる心と体のケアの面でもとても大切になります。

しかし、妊娠中に何らかの病気や切迫早産・流産などがある場合には運動や体操ではなく安静が必要な場合もあるので受診している産婦人科や産院などで確認をしましょう。

また、妊娠中に行う体操や運動のことを、妊婦体操やマタニティーエクササイズなどと呼びます。

産院や産婦人科によっては、安定期にはいったのちに必要な体操などを教えてくれるでしょう。

この方法も産院や産婦人科によってストレッチだったり、歩行を促すものだったりと様々です。

特に、全ての妊婦さんが安産を希望します。

医師からの安静指示がない場合には、できる限りストレッチや体操、運動を行うとよいでしょう。

妊婦 ストレッチ

妊婦さんが行う体操の中で最もポピュラーなものが、マタニティストレッチではないでしょうか。

お腹の中の赤ちゃんに負担をかけないように、お母さんの体と心を正しくケアできるストレッチです。

マタニティストレッチを行うと、妊娠によって大きくなったお腹を支えるために背筋が反り、腰痛の原因になったり、

足がつるなどのトラブル、体重の異常な増加や妊娠中の特有の病気の予防、気分転換やストレス発散にも効果があります。

また、ストレッチの中には、逆子を治すためのストレッチもあり、逆子の場合に医師から教えてもらったストレッチを行う場合もあります。

様々なストレッチがありますが、お腹の赤ちゃんやお母さんの体に負担がない程度に行うことが大切です。

お腹の張りや違和感などを感じた場合には早めにストレッチはやめ、様子を見ましょう。

万が一、違和感などが改善されない場合には、早めに医師の診察を受け、リラックスした状態で出産に望みましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ