日焼けとは

日焼けは、太陽光線の中に含まれる紫外線が、人間の皮膚に浴びることで皮膚が赤くなり、炎症を起こすものです。

人によって、赤くなったあと、すぐに黒くなる方や、皮膚の皮がめくれる方、何日も皮膚が赤くなってしまう方、肌が腫れあがり寝ることもできなくなってしまう方と症状は様々です。

近年では、皮膚がんの原因とも言われていて、特に女性を中心に紫外線や太陽の光が強まる5月から10月程度まで日焼け予防を行う方は多くいます。

万が一、日焼けをしてしまって、熱傷のようになってしまう方や、太陽の光へのアレルギーをおもちの方は、早めに医師の診察を受けましょう。

それ以外の方で、万が一、日焼けをしてしまった方は、吸収してしまった紫外線は外に出すことができないものの、日焼けの症状を抑えることができます。

症状が酷い場合には、医師の診察のもと適切な治療が必要になりますが、多くの場合が炎症を抑えるために、非ステロイド剤などが処方されます。

薬を飲む場合と、皮膚に直接薬を塗る軟膏のものがありますが、医師の指示通りに使いましょう。

それほど症状が重くない場合には、皮膚を冷やしたり、市販の日焼けの症状を落ち着かる軟膏などを使いましょう。

この軟膏も種類と、皮膚の状態によっては、ヒリヒリとしてしまう場合もあるようです。

日焼け 対策

日焼けの対策は、最も有効なのが、太陽の光を浴びないことです。

近年では、男性でも日焼けなどを避けるために日傘を利用する人が増えてきています。

日焼けの対策で女性は、日傘をさす人が多いですが、最近では様々な種類の日焼け止めクリームが販売されています。

昔ながらの白いクリーム状のものや、透明で肌に塗ってすぐに見た目では日焼け止めクリームを塗ったことが分からないもの…

さらに、スプレータイプで首の後ろなど手が届きにくい場所へのスプレーも簡単にできます。

子供用や、大人と子供が一緒に使える肌に優しいものなど様々です。

ですが、良く忘れられがちなのが、目の瞳です。

瞳も紫外線を吸収しますので、対策を考えている方はサングラスなどの着用も必要でしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ