ストレッチ ダイエット

ダイエットを行うときに、運動をしていなかった方が突然運動を始めるとケガの元になってしまいます。

そこで、ダイエットを始める前に、簡単なストレッチを始めケガを防ぐとともにダイエットをして運動しやすい体を作ることが必要です。

また、ストレッチは、家事や仕事など空いた時間に短時間でも行うことができるのでダイエット効果も十分に望めます。

ダイエットを行うとともに、運動のケガの防止、さらには、ストレスの発散、筋肉をほぐすことで体を温め冷え性の予防にもつながります。

そんなストレッチは、空いた時間だけでなく、寝る前の5分程度前に行うことで、ゆっくり眠れることもできます。

柔軟性が高く、しなやかな筋肉を作るには、自分の体に合わせてできるストレッチから始める事が必要です。

ストレッチ 方法

ダイエットを行う際のストレッチでは、さまざまな方法があり、体力に合わせてそれぞれ体に合ったストレッチを行う必要があります。

特に、産後や病後など体力が低下している時には、寝ながらできるストレッチを。

足腰に痛みや不安がある場合には、椅子に座ったままできるストレッチを。

それ以外の方は、無理のない範囲で、筋肉をしっかりのばしてストレッチを行いましょう。

自分の体を見つめ合い、ストレッチ中に痛みが出た場合には、無理にそれ以上伸ばさず痛みが少ないところで伸ばすことを止めその位置を5秒から10秒程度保ちましょう。

隙間時間には、その場で合わせてできるストレッチを行いましょう。

例えば、電車の中で立っている場合には、足首のストレッチで、かかとを上げたり、つま先を上にあげたりします。

また、座っている場合には、両足を少し浮かせた状態で、おへそあたりに力を入れると、腹筋も鍛えられます。

自宅の椅子に座っている時には、片足ずつ椅子の高さまで上げたりおろしたりなど、とても簡単な動作がストレッチになります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ