腰痛 ストレッチ

長い時間同じ姿勢でいると、筋肉がこわばってしまい様々筋肉のトラブルや腰痛の原因になってしまいます。

近年増えているデスクワークや車の運転などをしている人に多い職業病ともいわれています。

しかし、職業病とあきらめてしまうと、腰痛や筋肉のトラブルと常に付き合っていかなければなりません。

ストレッチを行うことで、こわばった体の筋肉を伸ばして腰痛改善、腰痛予防を行いましょう。

また、ストレッチを行うことでストレス発散やリラックス効果もあるので、日々疲れている方にもオススメです。

ストレッチは、決して無理をして行うものではなく、自分の体や筋肉の柔軟性に合わせて行う必要があります。

痛みがある時はストレッチは避けたり、無理に反動をつけて伸ばしたりしないことが大切です。

また、ストレッチを行うことで痛みが出てきたり、痛みが増した場合には、すぐにストレッチを中止して安静を保ちましょう。

腰痛があっても妊娠中や産後、病中、病後など運動が制限されている場合には、医師や専門家などの意見を聞きながら行いましょう。

ストレッチを行う上で最も大切なことは、自分のペースでゆっくり行いながら長い期間続けることが大切です。

腰痛 ストレッチ方法

腰痛ストレッチは、自宅や会社、通勤途中など様々な場面で簡単に行うことができます。

椅子に座った状態の場合は、膝に手を置き、無理のない範囲で体を前に倒し、痛くないところで5秒程度保ち、ゆっくりと上体を起こします。

また、腰に手を当て上体をゆっくりと息を吐きながらねじり、その姿勢のまま5秒程度保ち息をゆっくりと吐きながら元の状態に戻します。

この回すストレッチは、同じ回数を左右で行う必要がありますが、上記同様無理のない範囲で行いましょう。

寝た状態のストレッチもありますが、このストレッチは、妊娠中に行う腰痛防止運動とほとんど同じものが多いです。

腰痛で悩んでいる方などは、寝た状態で足を伸ばし、足首を回したり、おじぎをさせたりするだけでも十分です。

腰痛が軽減してきたら、首を持ちあげ、おへそを見るようにした状態を5秒程度保つなどの方法もあります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ