イボ痔 原因

イボ痔とは、痔のなかでも、日本人に一番多いとされる種類の痔がイボ痔です。

トイレやお風呂などで肛門周辺を触ったときに、プリンと膨らんだものがあった場合にはそれがイボ痔の可能性があります。

直腸未端部の組織で肛門クッションとよばれるものがあり、これは、血流の流れによって通常はしぼんだり膨らんだりしています。

普段、このクッションが、便やガスが肛門から漏れ出ないようにフタをする役割がありますが、このクッション部分の血流異常でイボができることをイボ痔と呼びます。

そのため、イボ痔の原因の多くがいきみで、強くいきみすぎたことが原因でイボ痔になってしまうことが多いようです。

特に出産や、便秘、重いものを持つ仕事などの方に多く、男性に多いものと思われていましたが、女性でも患者さんは多くいます。

また、長時間同じ姿勢でいることや、冷えなどもイボ痔の原因になることもあるようです。

イボ痔 症状

イボ痔の場合、症状は多くの場合無症状のことが多いものの、排便時などに肛門から出血をしたり、

肛門から『内痔核(直腸や肛門にある動脈などを含めた肛門を閉じる役割のあるクッション部分がうっ血した状態)』のものが、

肛門の外にでた状態(脱出)したときに、イボ痔があることに気が付くことが多いです。

イボが肛門から脱出すると、異物が肛門から飛び出してくる感じや肛門周辺に異物感を感じることが多いようです。

特に、排便後、肛門周囲をトイレットペーパーなどで拭いた時やお風呂などで肛門周辺を洗った時に気が付くこともあるようです。

この症状が進行してしまうと、脱出したイボが排便後元の位置に戻る状態から常にイボが脱出した状態になりますが、指で押せばイボが中に引っ込む状態になります。

しかし、さらに進行すると、指で押してもイボが元に位置に戻らず、椅子などに座るだけでも痛みや違和感を覚えるようになります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ