イボ痔 治療方法

イボ痔と知ってもなかなか病院に行きづらいと考える人も多いでしょう。

特に、産後にイボ痔になってしまった場合には、育児と家事に追われ病院に行くことすら考えない方や

医師が男性であることに躊躇してしい病院を受診できずにいる人も少なくありません。

イボ痔の症状が出ても初期のうちなら自宅でも簡単に治すことができます。

まず、排便後の出血についてですが、どんなにひどく出血しているように見えても多くの場合出血は自然に止まります。

なかなか出血が止まりそうにない場合には、清潔なティッシュなどで肛門部分を圧迫するように抑えると出血が止まりやすくなります。

また、肛門周辺の清潔を保つことも大切になるので、排便後はウエットティッシュなどで肛門周辺を綺麗に拭いたりしましょう。

さらに、うっ血を防ぐためにも冷えは禁物になります。

湯船への入浴や座浴などでおしりを温めながら清潔を保つように心がけるとよいでしょう。

また、使い捨てカイロでおしり周辺を温めるのも効果があります。

市販で販売されている薬も効果があるので、気になる場合には試してみてはいかがでしょうか。

イボ痔 食生活

イボ痔の場合、お尻周辺を温め、清潔を保つ以外にも治療方法があります。

特に、食生活の改善が最も大切になります。

女性の場合、冷え性や便秘症の方が多く、イボ痔になりやすい人が多くいます。

食生活の改善で便秘を治すだけでもイボ痔の治療になります。

野菜やお肉、魚など適切な栄養素を腹八分目で摂取しながら、適度な運動も必要でしょう。

さらに、アルコールなどの過剰な摂取を控えたり、喫煙者の場合はタバコをやめることも必要です。

また、辛い物などの刺激物を控えることも大切になります。

上記のことを試してもなかなかイボ痔が改善されない場合には、早めに肛門科や痔の専門病院などを受診しましょう。

受診のタイミングが遅くなってしまうと、イボ痔の切除を行う手術が必要になる場合もあるようです。

女性で悩んでいる方は、肛門科の医師に女性がいるかどうか確認をしてから受診しても良いでしょう。

安心して、治療を進めるために、事前の下調べはとても大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ