切れ痔 症状

切れ痔とは、肛門の周辺が何らかの理由によって切れてしまい、出血や痛みを起こす症状の病気です。

切れてしまった場所や範囲によってはティッシュにほんの少し血がつくだけのものや便器が出血によって真っ赤になってしまう場合もあります。

痛みのそれぞれで、出血の量は多いものの、排便時のちょっとした痛みだけの場合や、出血はほんの少しなのに、排便後も痛みが長く続く場合もあります。

ここで、注意したいのが、切れ痔での出血と、血便とは意味も原因も違ってきます。

切れ痔は、上記でも記載しましたが、肛門周囲が何らかの理由で切れてしまうことが原因ですが、血便は、便を作る大腸や小腸、また、胃などからの出血が原因でおきます。

血便の場合には、内臓になんからの病気が隠れている場合が多いので、出血箇所が分からない場合や血便が疑われる場合には病院を受診しましょう。

また、切れ痔の原因は、肛門の周辺が切れてしまうことが原因ですが、大まかに2つの原因が考えられます。

まず一つ目の原因としては、肛門に対して大きすぎたり、硬すぎる便を無理やり排便することで肛門が切れてしまう場合と、逆に

便が、水様性の便で勢いよく排便されることで肛門周辺の皮膚がただれてしまい切れてしまうことなどが考えられます。

また、あまりないことですが、肛門周辺を外部から刺激を与えすぎることでも皮膚のただれや切れの原因になることがあります。

切れ痔 治療方法

切れ痔かなっと思っても、なかなか切れ痔で病院を受診しようと考える人は少ないかもしれません。

出血も少なく、痛みも少ない場合には自宅で切れ痔の治療を行うことも可能なので、初期のうちから早めの対策が必要になります。

切れ痔かなと思ったら、排便後にウォシュレットなどで肛門周辺を清潔に保つことが大切です。

ウォシュレットが無い場合には、赤ちゃん用のおしりふきで、肛門周辺を拭くだけでも十分に清潔を保つことができます。

特に、女性の月経時などは、肛門周囲も蒸れてしまい、症状が悪化してしまうことがあるので、トイレのたびに優しく拭きましょう。

さらに、肛門周辺を拭いたあとは、家庭用消毒薬などで消毒をするとさらに良いです。

また、市販の切れ痔の薬を使うこともオススメです。

特に、非ステロイド軟膏になる赤ちゃん用のオムツかぶれや湿疹に使う薬がオススメです。

なかなか、薬局に行く機会の少ない方には、オロナインや馬油、オリーブオイルやアロエの汁などもオススメです。

切れ痔は、自宅で、ケアしながら治すことができますが、食べ物にも注意をしたいものです。

特に、アルコールや辛い食べ物などは控えることが大切になります。

なかなか治らない切れ痔や、出血が多い場合、痛みが激しい場合には早めに医師の診察を受けましょう。

切れてしまった部分によっては、投薬以外にも手術が必要になる場合もあるので、安易な自己診断は禁物です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ