大人の高熱 原因

発熱は、子供だけではなく、大人も多くの方が悩む病気の症状です。

微熱であれば、長く続かない限り、それほど心配をする人はいないかもしれませんが、微熱も大変な病気が隠れている場合もあるので、3日以上続く場合には病院の受診が必要です。

また、この熱が高くなると、大人でも辛くて学校も仕事も休むことが必要なものもあります。

発熱の症状のある病気には、最も有名なものでは、『インフルエンザ』でしょうか。

大人でも、38度以上の高熱が出て、中には40度を超える発熱をすることもあります。

このインフルエンザは、秋の終わりから春の時期まで長い間感染の危険がありますが、手洗いうがいやマスクの着用、アルコールでの消毒で十分に予防することができます。

次に、『咽頭炎』喉の痛みやイガイガ感、高熱と咳、タンなどの症状があらわれる病気です。

一般的に、病院では風邪と診断される病気ですが、のどの腫れが酷くなると、『咽頭炎』と診断されることも多くあります。

咽頭炎は、人によって、のどの痛みだけの方と、発熱のみの方、様々な症状がありますが、何度も発症を繰り返すことで症状が重くなる方もいます。

この咽頭炎は、発熱が、38度~40度近くまで体温が上がり、インフルエンザとは違い、一年中いつでも発症する可能性のある病気です。

中には、咽頭炎だけで年に何度も高熱を出し、社会生活がままならない状態になってしまうために、外科的手術で咽頭を切除する方法を選択する方もいます。

他にも、一般的な風邪の症状での発熱や、胃腸炎などが原因での発熱、命に関わる病気での発熱など様々なことが原因での病気があります。

高熱 治療方法

高熱が出てても、子供のころのように、学校を数日休めばとはいかないのが大人です。

大切な会議があって…、面接…、商談など、社会の様々な事情で発熱だけでは会社を休めないなどの事情がある方がいます。

一般的には、休んでおくのが一番ですが、そうもいかない場合には、まず、冷えピタなどを半分に切ってまたは、氷枕などで、脇の下や足のつけ根などの動脈がある部分に貼ることで熱を少しでも冷やすことができます。

また、昔は、汗をたくさんかけば治ると勘違いしている方もいますが、無理やり汗をかいても実際には風邪は治りません。

また、風邪薬も同様で、解熱剤や風邪薬を飲むことで免疫力が落ち、風邪の症状を長引かせてしまう可能性もあります。

しかし、あまりにも熱が高かったり、のどの痛み、咳などが原因で、なかなか寝付けない場合には早めに薬を飲むことでゆっくり休むことができ回復も早くなります。

薬を使う際には、眠れるか、食事、水分が取れているかなどを考え飲むことが必要です。

通常、熱は、体の中に侵入したウイルスや細菌の免疫が戦うことで起きるものですので無理に下げることは望ましいことではありません。

ただ、1日だけ、この時間だけ…という方は、その時間に合わせて解熱剤の服用などで会社にも迷惑をかけずにすみます。

しかし、絶対にしてはいけないこととして、インフルエンザなどの人にウイルスなどをうつしてしまう危険のある病気の場合にはどんな理由があっても休みましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ