切迫流産 原因

切迫流産とは、妊娠してから、妊娠22週未満までの期間に流産の手前の状態を指します。

流産は、妊娠中になんらかの原因で赤ちゃんが出てきてしまう状態です。

その一歩手前の状態ですので、無理をするといつでも流産してしまう状態と言うことです。

流産の原因には、妊娠後も出血してしまったり、外からお腹に強い圧迫があった場合、お母さんの子宮の病気など様々な原因があります。

妊娠をきに、子宮に病気が発見される場合もあるので、定期健診はもちろん、お腹の違和感や出血がある場合には早めに医師の診察を受ける必要があります。

切迫流産の症状には、少量の出血が続いたり、生理の時以上の量の多い出血などがあり、出血量が多いほど流産の可能性が高くなります。

また、下腹痛や、圧迫感、腰痛など様々な症状がありますが、一番わかりやすい症状はやはり出血になります。

切迫流産 治療方法

切迫流産の治療方法は、特に特別な治療があるわけではありません。

出血が続いている場合や、量が多い場合には、止血薬が処方され、出血を止める治療が行われます。

また、点滴などで、子宮の収縮を防ぐ薬の投与も行われます。

出血量がそれほど多くなく、自宅での安静が必要な場合にも、できるだけ安静が必要です。

さらに、場合によっては、細菌への感染を防ぐためにお風呂への入浴をしないよう指示される場合もあります。

切迫流産の心配がある場合には、早急に医師の診察を受ける必要があるので、毎日の健康状態を把握しておきましょう。

また、安静が必要な場合には、家族の力を借り、流産を防ぎましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ