切迫早産 原因

早産とは、妊娠22週から妊娠36週6日までの出産のことを指します。

また、妊娠22週以下で出産してしまうと、流産と呼ばれ、早産とは呼び方が違ってきます。

切迫早産と呼ばれるものは、上記の妊娠期間に早産をしかかっている時に呼ばれる病名です。

赤ちゃんの入っている子宮が収縮を繰り返す状態で、子宮の出口にあたる子宮口が開いてしまい

赤ちゃんが外に出てきてしまう場合や、破水してしまう状態を言います。

切迫早産になってしまう原因には、理由が分からない場合もありますが、母体側が原因になったり、赤ちゃん側が原因になったりする場合もあります。

まず、お母さんに原因がある場合には、『妊娠高血圧症候群』や『心臓病』『腎臓病』『糖尿病』『子宮頸管無力症』『子宮筋腫』『子宮奇形』などの他にも

『絨毛羊膜炎』や『絨毛膜下血腫』、他にも様々な感染症によることが原因になる場合があります。

次に赤ちゃん側に原因がある場合には、『双子などの多胎妊娠』や『羊水過多』、『羊水過少』、『胎児機能不全』など

他にも、お母さんが仕事を頑張りすぎることによる疲労の蓄積やストレスの多い生活、睡眠不足などが原因になることもあるようです。

切迫早産 治療方法

切迫早産は、早産の一歩手前の状態ということで、切迫早産と診断されると不安に感じる方も多くいるでしょう。

しかし、切迫早産は、安静を保てば状態が安定する場合があります。

特に、破水や何らかの病気があり入院する場合には、多くの場合が、トイレ以外は絶対安静が必要になる場合が多いです。

自宅での安静を指示された場合もできるだけ、安静を心掛け、家事もできるだけ家族にお願いしましょう。

また、自宅での治療の場合には、子宮の収縮を抑える薬が処方される場合があります。

医師からの処方量を守り、しっかりと薬を飲んで切迫するのを抑えましょう。

さらに、入院治療が必要な場合には、多くが、切迫を予防する点滴の治療が行われます。

どちらも、副作用で心拍数が上がったり、むくんでしまったりと様々な副作用があります。

しっかり、薬剤師や医師に薬の副作用を聞き、治療を行いましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ