絨毛膜下血腫 原因

絨毛膜下血腫は、妊娠初期から中期ごろに起きる病気です。

原因は、不明のことが多く、妊娠初期に子宮の中にできる絨毛膜の下に血液がたまることでたまった血液が出血を起こします。

赤ちゃんが子宮につくと胎盤が作られます。

この胎盤が作られる過程で血液が絨毛膜に入って赤ちゃんに栄養を送るために血管が増えます。

この増えた血管(毛細血管)が子宮が膨らんだり、増えた血液の量のせいで出血を起こすことが主な原因になります。

この出血は、血腫ができた人に必ずみられる症状ではなく、定期健診で血腫が発見されても出血を起こさない人も多くいます。

この血腫は、1㎝から7㎝と大きさもバラバラで、大きくなると8㎝や10㎝とかなり大きな血腫になると妊娠中期まで赤ちゃんよりも血腫が大きい場合もあります。

しかし、絨毛膜下血腫であると診断されても、赤ちゃんの心臓が動いている場合には、赤ちゃんには問題がない病気になります。

この血腫が原因で、流産や早産を起こしてしまう場合もあるようです。

絨毛膜下血腫 治療方法

絨毛膜下血腫と診断された場合の治療方法は、主に安静が大切になります。

血腫が大きかったり、出血が多い場合には、絶対安静で入院が必要になり、トイレ以外はベットで安静が必要です。

しかし、裏を返せば安静以外に治療方法がないのも現状です。

お腹の張りや流産、早産の兆候がある場合には、お腹の張りを止める薬が処方されたり、点滴での治療を行う場合もあります。

点滴での治療の場合には、多くの場合、入院中の治療になることが多いです。

また、出血が多く、貧血気味になると鉄剤などの処方が行われる場合もあります。

さらに、細菌が入らないようにする治療なども行われることがあります。

どの治療もとても大切な治療になりますが、とにかく安静が最も効果的な治療になります。

この血腫は、妊娠中期から後期になると、自然に吸収されなくなるものです。

万が一妊娠後期まで出血が続く場合には、前置胎盤や常位胎盤早期剥離などの可能性もあるので医師の診察は必ず受けましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ