焼酎 種類

焼酎とは、日本固有の蒸留酒で、酒粕やみりんかすなどを蒸留したものになります。

穀類や、サツマイモなどを発酵させたもろみを蒸留したものが焼酎になります。

焼酎の主な種類には、米焼酎や芋焼酎、麦焼酎、泡盛などの多くの種類があります。

それぞれの種類によって違うものの、アルコール分は、20%から45%程度のお酒になります。

また、大まかに分けると、甲類と乙類の種類の焼酎に分けられます。

甲類とは、連続的に蒸留機で蒸留で、アルコール度数は、36%未満のものを指します。

乙類は、単式蒸留機によって蒸留で、アルコール度数は、45%以下の焼酎を指します。

他の見分け方としては、甲類の焼酎は、無色透明で、焼酎独特のにおいも弱いのが大きな特徴です。

匂いが弱いだけでなく、口当たりも飲みやすく、果汁や炭酸などで割ったサワーや酎ハイで飲むのが主流になります。

割るものでは、柑橘系が相性がよく、100%ジュースなどを使って割ると美味しいようです。

また、通になると、スダチを絞って飲むという方法もあり、様々な飲み方が楽しめます。

乙類の場合は、焼酎独特の香りと味わいが特徴になります。

麦や芋、お米などの原料の素材そのもののうまみを生かした焼酎になります。

乙類の焼酎は、ロックや水割り、お湯割りなどで飲むのがオススメで、クラッシュアイスで飲むのをオススメする人もいます。

乙類焼酎は、本格焼酎とも呼ばれ、500年以上の歴史や伝統のある焼酎になります。

焼酎 二日酔い

焼酎もお酒ですし、ビールや酎ハイなどと違い、アルコール度数の高いお酒になります。

また、甲類の焼酎ですと、飲みやすさも相まって、飲みすぎて翌日の二日酔いに悩まされる人も多いようです。

一時期、様々なお酒を飲む(ちゃんぽん)をすると、二日酔いになると考えられていましたがそれは無いようです。

やはり、飲むお酒の量と、一緒に摂取する塩分、また、お酒以外の水分を取らないことが二日酔いになる原因になるようです。

二日酔いの予防のためにと、ウコンを事前に飲んで二日酔いを予防しようと考える人もいるようですが、それも、飲みすぎてしまっては効果はありません。

お酒を飲む際には、自分の飲める量と、その日の体調、また、塩分の多い食品を控え、お酒と同じ量のお水を飲むことが大切になります。

お酒と一緒にお水を飲むことがなかなかできない場合には、帰宅する30分程度前から、お水を飲むようにするだけでも十分に効果があります。

逆に、水分を取り過ぎてしまうことで、むくみやお腹の冷え、腹痛、下痢症などの症状を起こす場合もあるので、やはり適量を心掛ける必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ