日本酒 種類

日本酒とは、日本古来のお酒で、白米を蒸して作る麹に水を加え、発酵と熟成をさせて作るお酒になります。

日本酒の歴史は古く、日本書記にも、日本酒についての記録が残っているようです。

その後、江戸時代以降になると現在の清酒に近い形の日本酒が誕生したといわれています。

日本酒と一言で言っても様々な種類があり、『清酒』『合成酒』『味醂』『白酒』などがあります。

また、日本全国で様々な種類のお酒が製造され、各地の地酒が商品として現在流通しています。

日本酒は、白米から作られますうが、他にも麦や豆などを同じく蒸して水を加え麹菌を繁殖させると醤油やみそなどを作ることができます。

さらに、日本酒は、『大吟醸酒』『純米大吟醸』『吟醸酒』『純米吟醸酒』『本醸造酒』『純米酒』と種類が分けられています。

分かりやすい点から説明すると、『吟醸』と名前が付く日本酒は、吟醸造りをした日本酒のことで吟味され醸造していることを言います。

日本古来の伝統的な日本酒の作り方で、白米を低温でじっくりと発酵させ粕の割合が他と比べて高くなっています。

しかし、日本酒の味は、作り方でも変わるものの、使う白米、お水、土地などによって様々でつくる人の技術も味に大きな変化をもたらします。

日本酒好きな方は、様々な地方に出向き、地域の地酒を飲み比べなどで味見などをしている方も多くいるようです。

日本酒 効能

一時、CMでも話題になった日本酒の効能の一つには、美肌になれる効果があるようです。

醸造をする方の手は美しく、シワ、クスミなどが無く、美しい肌をしているという点から研究などが行われていたようです。

昔から、お酒は百薬の長と呼ばれ、適量をたしなむ程度が、アンチエイジング効果をもたらし、若返りも目指せるようです。

他にも、善玉コレステロールを増やし血管に溜まる悪玉コレステロールを体外に排出させ血管を美しく保つことで、心臓病などの予防にもなります。

さらに、血管内にできた血栓を溶かす効果も確認されていて、血栓を溶かすことで血栓が原因で起きる病気の予防や改善なども期待されています。

その他にも、日本酒には、有機酸や糖分、アミノ酸、ビタミンなど微量ながらも栄養素が100種類以上も含まれています。

この中の成分が、病気の予防や健康維持に効果があると期待されている以外にも、お酒を飲み、ストレスを発散するという効果も確認されています。

日本酒の効能を十分に発揮させたい場合には、食事をしっかりとりながら日本酒を飲むという週間と適量に抑える必要があります。

多く飲みすぎると、二日酔いやさまざまな病気の原因になる可能性があります。

また、お酒が苦手な方は、料理に使う日本酒などでも十分だと考えられています。

また、日本酒ではなくても、本みりんなどを料理の際に使うのも良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ