ビールとは

ビールは、大麦を発芽させた麦芽をビール酵母でアルコール発酵させたアルコール飲料の一種です。

ビールは、世界多くの国々で飲まれていて、歴史も古いアルコールです。

ビールの歴史は、古代エジプトで紀元前3世紀ごろからビールを作り飲んでいた資料が発見され、

紀元前4世紀頃(メソポタミア文明)シュメール人が大麦を使ってビールが作られていた資料があります。

日本では、江戸時代初期の徳川幕府の幕僚たちもビールを楽しんでいたといわれています。

ビールの原料には、水や麦芽(デンプン源)、ビール酵母、ホップ(香味料)、などになります。

ビールの主成分はお水で、使うお水の種類によってもビールの味が変わると考える人も多くいます。

ビールの特徴としては、コップに注ぐと泡が上にたまることでしょうか。

ビールはお酒なので飲みすぎると二日酔いやさまざまな病気の原因にもなります。

適度な量を飲むことを心掛け、病気の予防などを行うとよいでしょう。

ビール 種類

ビールと一言で言っても様々な種類があります。

その一部をここでご紹介します。

『上面発酵ビール』・・・20度前後で発酵させたビールで発酵途中で酵母が浮き上がってくるので上面発酵と呼ばれます。

冷やして飲むのも美味しいビールですが、20度前後の温度で飲むのもとてもおいしいようです。

主な種類には、『エール』『ベルジャンエール』『ポーター』『スタウト』『アルト』『ケルシュ』『ヴァイス』などになります。

『下面発酵ビール』・・・5度前後で発酵させたビールで、発酵すると酵母が下に沈むので下面発酵と呼ばれています。

一般的に冷蔵庫などで冷やして飲むのが最もおいしい飲み方になるビールで種類は、

『ラガー』『デュンケル』『シュルバルツ』『ウィンナー』『ピルスナー』『アメリカン』『ボック』などになります。

『自然発酵ビール』・・・空気中にいる微生物を利用して20度前後で発酵させるビールです。

10度から15度程度の温度に冷やしてから飲むのが最適なビールになり、種類には、

『ランビック』『グーズ』『ファロ』『フルーツ』『クリーク』『フランボワーズ』などになります。

その他にも、『淡色ビール』『濃色ビール』『黒ビール』『ホワイトビール』『ストックエール』などになります。

ビールと味が似た発泡酒は、ビールでは使用しない原料を使用したもので、麦芽比率が少ないものを発泡酒と呼びます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ