ゴマ 種類

ゴマは、ゴマノハグサ科の一年草の草の種、または種の油が食用として知られる食べ物です。

日本では、本州から九州、世界では東アジアなどの湿った草地にはえる草になります。

ゴマの原産地として有名なのは、インドやエジプトなどになり、日本に伝来したのは、奈良時代のころと言われています。

また、平安時代になると、ゴマから油を絞っていた記録も残っているようです。

ゴマの種類には、『白ごま』『黒ごま』『金ゴマ』『茶ゴマ』などの種類があり、一般的に油の原料になるゴマは『白ごま』になります。

また、食べるゴマとしては、黒ゴマが主流で、金ゴマは、香がよく、懐石料理などの日本食などで使用されることが多いゴマになります。

また、白ごま、黒ゴマ、金ゴマどれも、ゴマの形そのままのゴマと、すりつぶしたスリゴマなどがあります。

スリゴマは、ゴマの香りが際立ち、薄味な料理を作る方にはオススメのゴマになります。

ゴマを使ったレシピも多くあり、お味噌汁や炒め物、調味料や香りづけ、色づけなど様々な場面で利用されています。

ゴマ 効能

ゴマは、古くから日本でも食べられていますが、数年前からテレビなどでゴマの効能を取り上げる機会が増えゴマの人気が高まっています。

多くのテレビなどでも取り上げられたゴマの有名な効能としては、ゴマに含まれる『ゴマリグナン』が体の中の活性酸素を撃退することで話題になりました。

また、若返りの効果があることが分かり、エステなどでもゴマのパワーを使ったアンチエイジングを行う施術をするところもあるようです。

体の中に入れる食品なので、安心して利用できるのも人気の理由でしょう。

それだけではなく、肝機能の回復や向上も効能として判明しています。

しかし、ゴマは、植物の中ではとても栄養価が高く、取りすぎは逆に体に毒になってしまいます。

適切な量を食べる事で、美しく健康的な体を手に入れましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ