梅とは

梅は、樹木の一種であったり、花は鑑賞用に楽しまれ、梅の実は食用にも食べられています。

梅は、バラ目バラ科さくら属に分類され、1月から4月にかけて白やピンク、赤色の5枚の花を咲かせます。

日本では、梅の花が咲き始めると、冬が終わり、春になったと感じる花になります。

また、梅の実は6月ごろに黄色くなりますが、梅の実はそのまま食べると甘くもなく食用としては適さないようです。

日本では、干し梅や、煮梅、漬け込みなどの行い食べることのできるものになります。

梅の実を加工した代表的な食品には、梅干しや梅酒などが有名です。

カリカリ梅として有名な小さな梅干しは、小梅の実を梅干しのように漬け込んだものがカリカリ梅になります。

最近では、カリカリ梅として駄菓子として販売されたり、日の丸弁当やお弁当の御飯の上に乗せることが多い梅になります。

梅 効能

梅は、昔から加工され食べられていた食品ですが、様々な効能があります。

中でも有名なのは、二日酔いに効くではないでしょうか。

また、高血圧症や疲労感の改善、めまい、のぼせなどにも効果がありますがさらに、

ストレス解消や不眠症の改善、むねやけの改善や乗り物酔いの予防にも効果があります。

さらに、夏バテの解消や食欲不振の改善、便秘や冷え性の改善、予防などにも効果があり、病気にも効果のある場合があります。

動脈硬化症の予防や頭痛、歯痛の改善、糖尿病の治療、腎臓病の予防、肝臓病、胃潰瘍の予防などにも効果があるといわれています。

また、口臭予防や貧血予防、一部の食中毒の応急処置などにも効果があると言われています。

様々な効果のある梅ですが、梅は一般的に塩などに付け込んで食べることの多い食品なので食べ過ぎは逆に塩分の取りすぎで病気の原因になることがあります。

適切な量を食べる事で、病気の予防や改善など、様々な効果・効能を発揮する食品です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ