塩 効能

食塩は、塩化ナトリウムが主成分となっている調味料の一種です。

海水を乾燥または、蒸して、さらに、岩塩の採掘で生産されています。

一般的に塩は、海水を乾燥させてつくられますが、最近では塩の結晶となる岩塩も多く販売されています。

この岩塩ももともとは海水で海水が岩のように結晶を作ることで石または岩のように見えるので岩塩と呼ばれます。

塩は、水に溶けやすく、日本人は1日10gを目安に摂取することが推奨されています。

塩は、食べ過ぎると体に悪いと聞くことが多いですが、実は、塩を適切な量とることはとても大切なのです。

塩の効能には、二日酔い・便秘・歯茎と歯を美しく保つことができます。

二日酔いは、アルコールを取りすぎると肝臓がアルコールを分解することができずに体内に蓄積されることが原因で起きます。

塩を摂取することで、肝臓の働きを助ける効果があるため、塩を少量、お湯などに溶かして飲むと二日酔いに効きます。

また、梅干しをお湯で割って飲むのも効果的ですが、塩分の取りすぎはよくないので注意が必要です。

便秘は、腸の動きが鈍った状態で便秘になるので、腸の動きを助けてあげる必要があります。

朝起きて、コップ1杯のぬるま湯などに塩を少量溶かして飲むことでお通じが良くなります。

歯茎と歯を美しく保つのにも、塩は効果的です。

虫歯の原因は、甘いものの食べ過ぎで起きる血液の酸化やカルシウムの不足が原因と言われています。

カルシウムの入った塩で歯茎を優しく磨いたり、お水に溶かした塩でうがいをすることも効果的です。

塩 病気

上記の塩の効能の真逆に塩が原因で多くの病気が発症する原因にもなりえます。

塩を取りすぎると、体内の塩分濃度を薄めようと水を飲みたがることが多いです。

そのため、トイレの回数も増え、日常生活にも支障をきたす場合もあるようです。

また、塩を取りすぎると、血圧が上がることも有名です。

さらに、塩の取りすぎで水分を多くとりすぎるとむくみの原因にもなります。

他にも、高血圧症や腎臓疾患、不整脈や心筋梗塞、心疾患、脳梗塞など血管のつまりを引き起こす病気、糖尿病なども原因になります。

塩を適切な量を摂取することは、人の体を維持するために必要なのですが、多く取りすぎてしまうと様々な病気の原因になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ