ウーロン茶 効能

ウーロン茶(烏龍茶)は、中国茶の一種です。

その中国茶のうち青茶(せいちゃ・あおちゃ)に分類されています。

ウーロン茶は、茶葉を発酵の途中で加熱をして発酵を止めます。

その半発酵されたお茶になり、日本の緑茶と茶葉は同じになります。

ウーロン茶は、カロリーがゼロで、食べた食べ物の脂肪分を吸収し体の外へ出す効果があります。

また、ウーロン茶に含まれるポリフェノールは肥満予防にも効果があります。

さらに、ウーロン茶を飲むことで副交感神経が活発になり脳を鎮静化しリラックス効果があります。

他にも、虫歯予防にも効果があり、ただウーロン茶を飲むだけで虫歯の原因になる最近が出す酵素の活性を阻害する効能が見つかっています。

ダイエットも、美容・美肌・美しい歯、リラックス効果もある素晴らしい飲み物だったのです。

最近では、脂肪の吸収を抑える働きが強まった『黒烏龍茶』も販売され、ダイエットを行っている方は、多くの方が飲んでいるようです。

ウーロン茶 飲み方

ウーロン茶は、水などと比べても基礎代謝を上げる効果が分かっているので日常的に飲むことがオススメです。



しかし、飲みすぎは、必要な栄養分まで体の外に排出してしまうので、飲みすぎには注意が必要です。

特に医師から飲むことを制限されていない大人の場合で1日1リットル程度が飲む目安になります。

コンビニで購入するペットボトルの冷たいウーロン茶でも特に問題はありません。

しかし、冷え性や胃腸が弱い方などは、温めたウーロン茶を飲んで体を冷やさないように注意しましよう。

また、ダイエットを行っている方は、食事の前や食事中にウーロン茶を飲むのはもちろんのこと、

運動前にウーロン茶を飲んでから、有酸素運動を行うと効果的です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ