知的障害 ケア方法

知的障害であることが認められた場合には、その人へのケアがとても大切になります。

なかなか知的障害以外でも何らかの障害や病気などを持ってしまうと今の世の中では生きていくことだけでもとても大変な世の中で、

中には、その障害や病気について誤解して理解してしまっている人も多くいます。

知的障害の患者に対しても、ケアがとても大切になります。

簡単にケアと言っても、様々なケア方法がありますが、最も大切なことは家族がその症状を理解し、無理をさせない、怒らない、せかさないなどが大切になります。

特に、乳幼児や子供の場合には、勉強ができない、日々の生活の中で周りの子供と同じことが同じ時間でできないことを親が怒ってしまうと、子供の心はどんどん自分の殻に閉じこもってしまいます。

社会人でも、なかなか認めてもらえず、社会生活とはかけ離れた生活を選んだり、人とのコミュニケーションをとらなくなってしまったりと言うこともあります。

とても大切なことですが、周りの子供や人と同じペースで同じものをやらせようとせず、ゆっくりでもできたことを大人がしっかりほめてあげることが大切です。

また、できなかったことは、叱って伸ばすのではなく、なぜできなかったのか、どうすれば少しずつできるようになるのか一緒に考えたり、サポートをしてあげましょう。

知的障害が中度から軽度の場合には周りのサポートがあれば十分に生活ができ、普通学級でも学習ができる子供も多くいます。

なんだか、周りの子と少し違うなど違和感を感じたら早めに検査を受け、早いうちにケアを開始することがとても大切です。

また、何らかの病気が原因で知的障害の症状がでている場合には、病気の完治で知的能力を十分に伸ばすことも可能です。

主治医や知的障害の専門医などと一緒に相談をしながら、また、学校や幼稚園、保育園、会社などとの協力で患者さんの不安を少しでも取り除き生活しやすい環境を整えてあげましょう。

知的障害者手帳

知的障害者には、『療育手帳』や『みどりの手帳』、『愛の手帳』などと呼ばれ知的障害者に対して都道府県知事や政令指定都市では政令指定都市の長が発行する障害者手帳のことを指します。

都道府県や政令指定都市ごとに呼び名が変わり、青森県や名古屋市では、『愛護手帳』、さいたま市や埼玉県では『みどりの手帳』、東京都や横浜市では『愛の手帳』などと呼ばれています。

しかし、全ての人が申請をすれば交付される手帳ではなく、それぞれの自治体で調査や検査などを行い、知能指数や発達の状態などを確認し、上限よりも上回っていた場合には交付されることはありません。

この上限も、都道府県や政令指定都市ごとに定める数値が違い、知能指数75から支援の対象になる地域や知能指数70から支援が受けられる場所など様々です。

知的障害者手帳の交付を受けると、その度合いによって級が分かれます。

1級が最も重く、次いで2級、3級、4級と別れていて、それぞれの度合いによって受けられるサービスに違いがあります。

交付される地域によっても様々ですが、税金が安くなったり、公共料金が割引されたり、交通機関の割引や同伴者の割引もあるようです。

地域によってそれぞれ内容が異なるので、知的障害者手帳の申請を検討している場合にはお住まいの地域で調べてみましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ