知的障害 症状

知的障害とは、知的な能力の発達が遅れた状態にとどまっている方の病名です。

昔は、日本では、精神薄弱や精神遅滞などと呼ばれていましたが、日本の法律や行政用語で知的障害と統一され呼ばれています。

知的能力と一言で言っても実際の日常の生活の中で物事を判断したり理解したり、必要に応じて適切な行動をとる行動の能力のことを指すため

近年では幼少期頃に、大人が感じる違和感から検査などを受け、知的障害と判断される子供も増えています。

しかし、なかなか違和感やできない分野の事を責められてしまう人も少なくなく、大人になってから知的障害が発見される場合もあります。

臨床的には、知能検査や幼児の場合には発達検査などを受け、知能指数(IQ)が70以下の場合には知的障害と判断される場合があります。

しかし、地域の市役所などで決める知的障害の場合には、地域によって、75以下、または、70以下の場合が知的障害と判断されるようです。

また、知能指数70~50程度の場合は、軽度、50~35程度までを中度、35以下は重度、20以下の場合には最重度と分けられています。

症状としては、兄弟や姉妹、近所の同学年の子供などと比べて、日常の生活の中でも遅れが目立つ、勉強などの遅れを先生から指摘されるなど

知的障害患者の置かれている状況によって症状の現れ方は様々です。

知的障害 原因

知的障害の発症には大まかに分けると3つの原因があります。

①生理的要因・・・生理的要因は、体は元気で異常が見られないのに脳の発達障害によって知能指数が低い水準に偏ったと考えられる原因です。

②病理的要因・・・脳に病気や損傷がある場合に知能指数が病気によって妨げられる原因です。

病気の中には、脳外傷や脳腫瘍、感染症、てんかんなどの他にも、妊娠時に母体が患っていた風疹や梅毒が胎児に感染することでも知的障害の原因になります。

また、染色体異常も病理的要因になり、ダウン症はその代表的な例になります。

③心理や社会的要因・・・

知的発達に著しく不適切な環境に置かれている場合が知的障害の原因になります。

児童虐待や親同士のDV、性的暴力なども上記にあたり、中には大人まで知的障害があることを発見されず、うつ病になってしまう人もいるほどです。

②の病理的要因の場合には、おおくの場合、発見が早い傾向にあるようですが、特に③の心理や社会的要因の場合には周辺の大人の発見が大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ