中耳炎 治療方法

中耳炎の治療方法には、症状に合わせていくつかの治療方法があります。

中耳炎の症状としては、急に腫れてゆっくり症状が改善し治っていくという特徴があります。

中耳炎の症状に耳の中に膿がたまることがありますが、その膿を全て取りきるまでに時間がかかるのです。

膿の量が多い人だと、長い人で2~3か月もの治療期間が必要になることもあります。

中耳炎と診断された場合には、その症状によって処方される薬にも違いがあり、腫れが酷い場合には抗生剤が処方されます。

しかし、ほとんんどの中耳炎については、抗生剤を使用しなくても症状が改善することが多いですが、腫れが酷い場合に処方される薬です。

また、症状にある熱が出た場合には、解熱剤などが処方されます。

しかし、他の風邪薬や鼻炎の薬などは、症状の改善に特に効果がないようなので、注意が必要です。

中耳炎 ケア方法

万が一、中耳炎になってしまった場合に家庭でできるケア方法も、症状によってさまざまです。

まずは、耳の聞こえや耳垂れ、熱などどのような症状があらわれても早めに病院を受診しましょう。

病院では、特に子供の場合、小児科で高熱が出ていると、耳の中も中耳炎を疑い観察してくれるでしょう。

また、耳垂れがあらわれている場合には、耳鼻咽喉科や耳鼻科などを受診することをオススメします。

耳垂れは、耳から膿が垂れてくる症状ですが、耳垂れが出てきている場合には、耳垂れを耳の外側だけ拭いてあげます。

耳の中を拭くと、皮膚を傷つけ、症状が悪化する可能性があるので、耳の中の膿を取るのは医師に任せましょう。

また、小さな子供の場合、鼻水が沢山でることもあります。

鼻水は、鼻をかむことができればかみ、かめない場合には親が吸い取って上げ、鼻通りをよくしてあげましょう。

吸い取ることに躊躇する場合には、市販の鼻水を取る器具などを使い吸い取ってあげても問題ありません。

また、最も大切なことは、耳の中の膿を全て出し切るまで、病院に通い続けることです。

一般的に、通院は、1週間に1回程度の通院で膿を出し切ることができるので、医師から完治と告げられるまで通い続けることが大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ