中耳炎 症状

中耳炎は、子供に多く発症する耳の病気です。

中耳炎には、種類があり、『急性中耳炎』と『滲出性中耳炎』の2種類の中耳炎があります。

『急性中耳炎』の場合、3歳程度までの子供の80%が1度は発症するといわれる中耳炎です。

風邪などの症状の鼻水や細菌、ウイルスなどが中耳に入り込み炎症が起きます。

急性中耳炎の症状には、『耳の痛み』『発熱』『耳垂れ(耳から膿がでる)』『耳に何か詰まった感じ』『音が聞きづらい』など…

症状が進行すると、鼓膜の一部が破れてしまうことで、耳垂れや音が聞きづらいなどの症状があらわれます。

『滲出性中耳炎』は、中耳に滲出(液体)がたまり、音が聞きづらくなる病気です。

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの病気が原因で『滲出性中耳炎』になってしまうこともあり、鼻の治療も必要になることもあります。

症状には、『音が聞きづらい』『耳に何か詰まった感じ』『耳鳴り』等の症状があります。

子供の場合には、耳の異変に気づきにくいこともあるため、大人が子供の異変に気づいてあげることが大切です。

特に重要なのは、名前を呼んでも振り向かないや大きな声でしゃべる、テレビの音を大きくする、人の話を何度も聞き直すなどの状態があらわれた場合には早めに耳鼻咽喉科や耳鼻科を受診しましょう。

『急性中耳炎』も『滲出性中耳炎』も、お風呂の水やプールの水などが耳に入ることで発症する病気ではありません。

中耳炎は、大人でも発症することがありますが、大人の場合には、症状が軽度の場合が多いです。

子供や高齢者などは、重症化しやすいため、早めに、しっかりと治療を行うことが大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ