外耳炎 症状

外耳炎は、外耳道炎と呼ばれることもある耳の炎症の病気です。

外耳道が炎症を起こしてしまい、症状としては、耳の痛みやかゆみ、灼熱感(しゃくねつかん)や耳垂れなどの症状が一般的に見られる症状です。

他にも、耳鳴りや耳閉感、難聴などの症状があらわれることもありますが、どの症状も炎症が治まれば治ります。

原因には、耳かきなどで耳の中や耳のまわりを気づ付けてしまい、その傷から菌が入ってしまい発症することが多い病気です。

炎症が軽度で、健康な人であれば、炎症は、1日~2日程度で改善しますが、子供や高齢者、健康に不安がある方は治りが遅い場合もあります。

特に、全身状態の悪い、糖尿病患者や、免疫疾患患者の方々は症状を繰り返してしまうこともあり、注意が必要です。

外耳炎 治療方法

外耳炎の治療は、一般的に外耳周辺や健康に不安のない方であれば、1日~2日程度で症状が改善することが多いです。

しかし、なかなか外耳炎の症状が改善されない場合や、糖尿病患者、免疫疾患患者の場合には早めに耳鼻咽喉科や耳鼻科を受診しましょう。

外耳炎の原因には、湿疹として、アレルギー体質の方が、シャンプーやリンス、ボディーソープや洗顔料などで水泡や落屑(らくせつ)(表面の皮膚がはがれおちる)などの症状があらわれることもあります。

この場合には、まず、使用しているシャンプーやリンス、ボディーソープ、洗顔料などを耳周辺に付ける事を避け病院で処方されるステロイド軟膏や抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬が症状を改善します。

逆に、消毒液や抗生剤などで症状が悪化してしまう場合もありますので、注意が必要です。

また、真菌という水虫の一種になるカビが耳周辺に付くと発症する外耳炎もあります。

外耳を手術した直後や糖尿病患者さんに多くみられる病気で、治療方法は、炎症している部分を清潔に保ち、病院で洗浄が必要な場合もあります。

洗浄後に、抗真菌薬を塗りますが、症状が重い場合には抗真菌薬を内服で処方される場合もあります。

真菌が原因での外耳炎の場合には、何度か病院を受診する必要があります。

他にも、悪性外耳炎という外耳炎の病気もありますが、耳鼻科や耳鼻咽喉科、皮膚科、または糖尿病や免疫疾患で通院している病院で診断が付くことが多いのでなかなか改善しない

外耳炎の症状がある場合には早めに、特に持病がある場合には早めに病院を受診しましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ