学習障害 検査方法

最近、話題になっている学習障害(LD)・・・一言で学習障害と言っても症状は様々です。

学習障害の症状としては、『落ち着きがなく、じっとしていられない』、

『ボーとしていることが多い』、『人の話を集中して聴くことができない』、

『融通が利かない』、『特定のものにこだわりがない』、『整理整頓が苦手』、

『かんしゃくを起こす』、『独り言をいうことが多い』、『乱暴な態度・言動がある』、

『集団での行動ができにくい』、『左右が理解できない』、『地図が読めない』、

『日時・場所の理解ができない』、『ボール遊びがうまくできない』、

『よくつまづく』、『言葉が不明瞭』、『単語が覚えられない』、『計算が苦手』、

『文字が鏡文字になってしまう』、『文章を順番通りに読むことができない』、

『記号の使い方がわからない』、『数の概念が理解できない』など様々な症状があります。

子供であれば、上記の1つくらい当てはまる子がいてもおかしくありません。

しかし、なかには、上記症状に悩み、いじめなどに耐えている子供がいるのも事実です。

いじめが原因で、不登校になってしまう子供もいるため、上記症状に当てはまらなくても

『なんだか変だ』と親が感じる場合には、一度、学習障害の検査を受けてみることをオススメします。

学習障害の検査方法には、上記症状があり、学習面での遅れや学校・幼稚園の先生、親などが不思議に思う行動・言動が多い場合に専門の小児科で受ける事ができます。

検査方法には、まず知力を測るために知力検査が行われます。

知力検査には、『WISC』や『田中ビネー知能検査』などで知力を測ることができます。

中には、病院で緊張してしまったり、てんかんなどの持病がある場合には何度か検査を分けたり、検査場所についても考慮してもらえるようです。

学習障害 治療方法

万が一、学習障害と診断されたとしても落ち込む必要はありません。

周りの子よりも一部分が劣っているだけのため、得意な分野についてはどんどん活動の幅を広げさらにステップアップできるようにしてあげましょう。

不得意な分野については、学校や幼稚園の先生の力も借りながら、何度も教えてあげる必要があります。

中には、できないことを悲観し、強い口調で威嚇してしまう人もいりようですが、逆効果になってしまうため、決して怒らないようにしてあげます。

基本的に学習障害への治療方法として薬を飲むなどの治療方法はありません。

中には、別の病気(脳腫瘍・てんかん・注意欠陥障害)などで学習障害の症状があらわれている場合には病気の治療を行うことで十分に学習を行うことができます。

お子様の言動が気になる方は、一度、症状をチェックしてみて、病院での検査を受け、得意な部分をしっかり把握しておくとよいでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ