妊婦 腰痛

女性は妊娠をすると、多くの方が、腰痛で日々の生活にも痛みを覚える方が少なくありません。

時には寝返りや歩くことも辛く、寝ているだけでも腰痛で寝れないという方もいるほどです。

赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹が原因で腰痛が起きる人や、持病の腰痛が悪化する方もいます。

妊娠中は、赤ちゃんの体重や胎盤などの重さで10キロもの重さを抱えて生活しなければなりません。

大きくなるお腹を支えるために姿勢が変化すること、お腹の重さで体の重心が前方に移動してしまうこと、

赤ちゃんの出産のために骨盤や腰椎が前方に傾いてしまうことなどで背中の筋肉が常にバランスを取ろうと張った状態になるため腰痛が酷くなります。

また、腰痛を悪化させる原因として、妊娠をしていない状態の時には、簡単に背中のマッサージを受けることができます。

しかし、妊娠中はうつぶせになるとお腹も苦しく赤ちゃんも苦しくなるためうつ伏せになりマッサージを受ける事ができない状態になってしまいます。

さらに、妊娠3か月ごろになると、出産の際に必要になるホルモンが骨盤を緩めることで腰痛が起こります。

赤ちゃんをお腹の中で育てるために、出産のために緩む骨盤ですが、緩んだ骨盤をお尻周辺の筋肉や背中の筋肉が支えるために腰痛が起こります。

妊婦腰痛 対処方法

妊娠中の腰痛には、妊娠していない時の対処方法はできないのが問題ですが、妊婦でも腰痛の痛みを軽減したり改善する方法があります。

妊娠中の腰痛には、助産院や病院などで行われるヨガ教室や妊婦教室などで教えてもらえる体操が効果があります。

逆子で悩んでいる方が行う体操と似たような体操で、『ネコのポーズ』や仰向けになり、お尻を上に突き上げる体操などが効果があるようです。

また、妊婦が参加可能なヨガ教室や体操教室などもあるのでインストラクターの方に腰痛改善方法をお聞きするのも良いでしょう。

さらに、針やお灸での治療も腰痛に効果があることがあるようです。

しかし、上記の内容は、切迫流産や早産などの危険がない人が行うことのできる対処方法になります。

万が一、切迫流産や早産など赤ちゃんやお母さんの体に異常がある場合には、必ず産婦人科医の診察を受けてから行うようにしてください。

また、妊娠中に外出する際には、ぺったんこ靴よりも、2~3㎝程度のヒールがある靴を履くことが腰痛の予防にもなります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ