尿路感染症 予防方法

尿路感染症の予防方法は、乳幼児の場合には、オムツの中をできるだけ清潔に保つことが大切になります。

また、うんちのあとは、綺麗にお尻周りをふき取るだけでなく、ぬるま湯でお尻を洗ってあげることも必要です。

お尻や陰部周辺を拭くときには、陰部からお尻の方に向かってふき取り、お尻周りの菌を陰部に触れないよう注意をします。

トイレトレーニングが始まっても、しっかりお尻を自分で拭けるようになるまでは、

大人が、綺麗にふき取ってあげるのはもちろん、お尻や陰部回りの拭き方を教えてあげる必要があります。

乳幼児以外の方は、冷たい物をたくさん摂取しないよう注意するとともに、冷えた部屋ではひざ掛けなどで下半身を冷やさないよう注意します。

また、尿意を感じたら、我慢せずにトイレにいきしっかりと尿を出すことも必要です。

万が一、尿路感染症の症状が疑われた場合には、早めに泌尿器科や内科、小児科を受診しましょう。

尿路感染症の症状があらわれたら…

乳幼児に尿路感染症の症状があらわれたら、早めに小児科を受診しましょう。

しかし、38℃以上の高熱が出ても、かならず尿路感染症に感染しているとは限らず、乳幼児の場合には、突発性発疹の可能性もあるので

小児科医の診断をうけ、自宅でのケアを行ってあげましょう。

乳幼児以外では、尿路感染症の症状があらわれたら、ぬるま湯を多めに摂取し、トイレで何度もおしっこを出しましょう。

膀胱周辺にたまった細菌を外に出すためで、症状が軽度の場合には、この対応だけで症状が改善することも多くあります。

血尿が出ている場合には、他の病気の可能性も考えられるので早めに内科や泌尿器科を受診しましょう。

一度、膀胱炎や尿路感染症になると、女性の場合、同じ症状を何度も繰り返してしまうこともあるので治療後も予防を心がけましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ