尿路感染症 症状

尿路感染症とは、尿の通るところで起きる感染症のことを呼びます。

尿路感染症の症状は、『上部尿路感染症』では、38℃以上の高熱が出たり、その高熱が続く、

腰痛や背部痛で左右の腰のあたりを叩くと鈍い痛みがある。

吐き気や嘔吐、体重が増えない、食欲がないなどの症状があらわれますが、

特に小さな子供に症状がみられる症状のようです。

さらに、おしっこが濁っているなどの症状も現れます。

特に子供の場合は、1週間ごとに咳や鼻水もなく高熱だけを繰り返す場合には上部尿路感染症の可能性があるようです。

『下部尿路感染症』の場合には、おしっこをするときに痛みを覚える排尿痛がある。

何度もトイレにいく、頻尿や残尿感があり、夜尿でおねしょをすることもある。

また、尿が赤く、血の混じった血尿が出る。

尿検査で判明をする蛋白尿がでたり、37℃前後の微熱があるなどの症状があらわれます。

尿路感染症 原因

尿路感染症の原因は、感染症の原因となる病原菌が尿路に侵入すると発症する病気です。

原因となる病原菌は、大腸菌が最も多くて、それ以外では、腸内細菌が多くなっています。

膀胱炎の原因になる細菌は、アデノウイルスというウイルスが原因になることが多く、症状では血尿が見られるのが特徴になります。

乳幼児期には、男の子の発症例が多く、乳幼児期以外では女の子や女性に発症例が高くなっています。

乳幼児期の尿路感染症は、オムツの中が不清潔であったり、きちんとおしり周りがふき取れていなかったりなどが原因になることが多いです。

乳幼児期以外では、尿意を我慢したり、冷えた物をたくさん食べる、冷えた部屋に長時間いるなどが原因になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ