蒙古斑 症状について

蒙古斑は、赤ちゃんであればだれでもあるものと思われている方も少なくないと思います。

実は、蒙古斑は、人種によって発症率に違いがあるのです。

一般的に蒙古斑の発症率が高いのは東洋人と言われていて、

モンゴル人の幼児では、95%もの子供が、東アジア人の幼児で80%前後、

インドやヨーロッパ諸国では、1%~10%の発症率と言われています。

そして、日本人は、出生時の99.5%もの赤ちゃんに蒙古斑があります。

蒙古斑の症状としては、背中から腰、お尻の部分にできる青色の斑紋が主な症状になります。

アザと勘違いすることもありますが、痛みはなく特にケアの必要もありません。

一般的には、成長とともに消えていくものが蒙古斑になります。

蒙古斑 大人になっても消えない

蒙古斑は、赤ちゃんや幼児のうちに消えてしまうのが一般的です。

しかし、大人になっても蒙古斑が消えず、思春期になっても水着が着れないなどの悩みを持つ人もいるのです。

大人になっても、特に問題のあるものではないものの、美容面では大きな問題になってしまうことも…。

大人になっても蒙古斑が消えず、美容面で気になる方は、近くの皮膚科を受診すると蒙古斑を消す治療を行うことができます。

蒙古斑が非常に目立つものであったり、成人しても消失しないタイプの蒙古斑はレーザー治療を行うことができます。

蒙古斑の治療には、Qスイッチレーザーが有効で、蒙古斑の大きさにもよりますが、半年から1年程度の通院で蒙古斑が分からなくなるまでに治る人が多いです。

治療は、保険治療ができ、3割負担で治療ができますが、蒙古斑の大きさにより費用もまちまちで数万円~数十万円かかる場合もあるようです。

蒙古斑は、大人になると迷惑がられることも多いですが、一部の国では、蒙古斑は、天使であったことの印と考える国もあるほど神聖なものと考える人もいるのです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ