結膜炎 治療方法

結膜炎になってしまったとしても、眼科で処方される点眼薬で十分に回復します。

治療にかかる期間については、原因や結膜炎の程度によって異なるため、受診した眼科で確かめましょう。

結膜炎の治療以外でも基本になるのが、主治医の指示通りに治療を行い、自己判断で治療を途中で中断したりしないようにしましょう。

治療を途中で中断すると、なかなか完治しなかったり、最悪の場合、症状が悪化してしまう危険もあります。

コンタクトレンズを装着している人は、結膜炎に感染すると、完治するまでの期間は、コンタクトレンズの装着はしないように指示されることが多いです。

また、化粧なども目の周りの化粧は控えるように指示されることも多いでしょう。

特にアイラインやアイライナーなどは、目の中に化粧が入らないよう十分に注意してください。

さらに、ウイルス性の結膜炎や微生物による結膜炎の場合、他人に結膜炎を移してしまう危険もあるので、学校や仕事を休まなければならなくなることもあります。

結膜炎 予防方法

結膜炎の予防方法は、目を触らないようにすることがとても大切になります。

目を触る必要がある場合には、手を十分に洗い、目の中にウイルスや微生物が入らないように注意する必要があります。

また、目に傷をつけないよう触る場合には爪などで触らないように注意してください。

さらに、風邪をひいている時には、咳、鼻水、くしゃみなどをすると手などにウイルスや微生物が付着していることが多いので

その手で目を触ると、結膜炎を発症してしまう危険が高まります。

手洗い、うがい、手の消毒などが大切になり、できれば、家族でも顔を拭くタオルの共有などは避けるようにしましょう。

さらに、コンタクトレンズや目薬などを使っている人は、定期的に眼科を受診し目の検診を受けるようにしましょう。

コンタクトレンズを装着している場合には、いつコンタクトレンズの装着を中止されても生活に支障が出ないように

眼鏡などを準備しておくことも大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ