結膜炎 症状

結膜炎の症状は、目の結膜が充血してしまう状態のことを結膜炎と呼びます。

症状には、めやにが増えたり、流涙感、目の周囲の痛み、目の中の異物感や違和感、

かゆみ、まぶたの腫れやまぶたが赤くなる、目が開けづらい、かすみ目、

コンタクトレンズが、急に汚れる、曇る、ずれ上がるなどの症状があり

結膜炎の人が上記の全ての症状が出るわけではなく、人により、病状ににり様々な症状があらわれます。

また、自覚症状に乏しく、目の検査などで結膜炎が発見されることもあります。

一般的に眼科で良くみられる病気が結膜炎になります。

結膜炎は、症状が軽ければ放置していても自然に治ることもある病気ですが、

学校や仕事を休まなければならないほどの結膜炎や、視力低下などで

後遺症を残してしまう結膜炎など様々な結膜炎があります。

自己判断はせず、必ず、眼科を受診し、後遺症などが残らないよう十分に治療を行いましょう。

特に、乳幼児や高齢者は抵抗力が弱く角膜炎から眼内の感染症になり

失明してしまうこともありますので特に注意が必要です。

結膜炎 原因

結膜炎の原因には様々な原因があります。

大きく分けると3つの種類に分けることができ、1つ目は、

感染性の結膜炎:流行り目とも呼ばれる結膜炎です。

ウイルス性や微生物によるもので他人に移ることもある結膜炎になります。

2つ目には、アレルギー性の結膜炎:花粉症やアトピー、コンタクトレンズなどによるものが原因になります。

3つ目には、外傷性による結膜炎:けがやごみが目の中に入る、薬品などの使用などが原因になる結膜炎です。

1つ目の原因になっているウイルス性や微生物が原因での結膜炎では、人に移る可能性がある結膜炎ですので

家族でも感染を防ぐために注意が必要になります。

特に注意が必要になるのが、顔を拭くタオルなどの共有になります。

お風呂上りなどで、結膜炎感染者と同じタオルを使うとウイルスや微生物が感染してしまう危険があるので注意しましょう。

また、乳幼児の場合、結膜炎で目が赤く腫れてしまっても眼帯を付けると、視力低下をしてしまう可能性があるので

結膜炎になっても、眼帯を付けずに治療を行いましょう。

また、無意識に目をこすってしまう場合もあるので、赤ちゃんの場合にはミトンなどを付けて目を気づ付けないように注意してあげます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ