ロタウイルス性下痢症 予防方法

ロタウイルス性下痢症の予防方法には、任意接種で生ワクチンを経口摂取するワクチンがあります。

日本では、『ロタリックス』が、2011年11月に、『ロタテック』が、2012年7月に発売が開始されました。

ロタウイルスに感染してしまうと、根本的な治療方法がないので、ワクチンの接種をすることで

感染してしまっても重症化してしまうことを防ぐためのワクチンになります。

予防接種の接種には、生後2か月ごろに受けるヒブワクチンや、肺炎球菌ワクチンなどとの

同時接種をすることがオススメのようです。(予防接種を受ける前に持病がある場合には、医師へ摂取を希望している旨を伝えましょう)

また、ワクチン以外の予防方法には、他の風邪などと同じく、手洗いうがいが重要になります。

外出先から帰ってきたときや、食事の前などには、手洗いうがいをすることが大切になります。

さらに、外出時や、家族にロタウイルス感染者が出た場合には、家の中でもマスクの着用が大切になります。

嘔吐物・下痢物の処理方法…

ロタウイルス性下痢症に万が一、感染してしまった場合には、他の家族などにウイルスを移さないようにする対策が大切になります。

やはり、手洗い、うがい、消毒にマスクの着用などが大切になりますが、タオルなどの共有なども避ける必要があります。

さらに、嘔吐物や下痢物などを床にしてしまった場合には、その処理方法だけで感染者が増える危険性があります。

特に多いのが、下痢物や嘔吐物をさっと拭いただけで処理するだけの方法では、不十分です。

まず、嘔吐物、下痢物を処理するには、処理する人にウイルスが感染しないように、マスクと手袋の着用が必要になります。

また、処理に使う布などは捨ててもよいものを使い、処理に使った物はビニールなどに包んで捨てます。

また、嘔吐物・下痢物があった場所を中心に薄めた家庭用漂白剤などで消毒をすることが必要です。

(アルコールの消毒では、ウイルスには効果がありません。)

また、嘔吐物・下痢物を処理するのは、必ず健康な大人が処理をすることが大切で、高齢者や乳幼児が処理をすると感染してしまうと症状が重症化してしまうことがあります。

さらに、トイレなどで嘔吐・下痢をした場合には、水の勢いでウイルスが飛ぶのを防ぐためにトイレのフタを閉めて水を流すようにすることも大切です。

ロタウイルスに感染しないよう、十分に注意することが大切ですが、万が一感染してしまった場合には、脱水症状に気を付けましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ