気道異物 予防方法

気道異物は、基本的に子供や赤ちゃんを看護する人の配慮で多くの場合が防ぐことのできるものです。

高齢者のように、おもちなどを気道に詰まらせてしまうものとは違い、子供や赤ちゃんの気道異物の原因の多くは食べられないものを飲み込んでしまったことのようです。

中には、食べられるトマトやゼリーなどを丸のみしたことが原因のこともありますが、この場合も大人が細かく切ってから食事を与えるだけで予防をすることができます。

基本的に、気道異物の予防方法には、子供や赤ちゃんの手の届くところに口の中に納まるものを置かないことにつきます。

電池や細かいおもちゃ、タバコやたばこの吸い殻、また、ピーナッツなどの乾燥した食品も気道異物の原因になるため注意が必要です。

1歳~3歳程度の赤ちゃんや幼児は大人の考えるような行動はしません。

自分の気になる方へ…興味が引かれるもののほうへ…と行動してしまうので本当に目が離せない時期です。

また、テレビやエアコンのリモコンなども落とすと電池がはずれ、外れた電池を飲み込んでしまうという事故もあります。

小さな子供がいるご家庭では毎日の細かな掃除で子供の手の届くところに細かな物を置かないようにする配慮が必要です。

さらに、食事の際にも、パンなどは少しづつちぎってあげる事や、ゼリーなども小さな子供用スプーンに与える、

ミニトマトやきんかんのように一口で食べられてしまう食材も半分に切って口の中で潰しやすい状態にして食べさせるなどの配慮が必要です。

気道異物 特に注意が必要な物

気道異物では、特に事故が多く注意が必要な食材や物などが多くあります。

注意が必要な食材・・・ゼリー、ミニトマト、骨のある魚、ピーナッツ、豆、アーモンド、きんかんなどになります。

注意が必要な物・・・電池、ビー玉、ネジ、オモチャ、ボタン、指輪、ネックレス、イヤリング、ピアス、タバコ、タバコの吸い殻、ごみなど…

上記の物は、事故が多い食材と物ですが、赤ちゃんは、自分の口の中に入ってしまうものは何でも飲み込んでしまうことがあります。

上記以外でも赤ちゃんが口の中に入れ、呑み込めてしまえそうなものはすべて、手の届かないところに置くことが大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ