気道異物 症状

気道異物とは、食べてはいけないもの(タバコや電池、おもちゃ)などを食べてしまい気道が異物によってふさがれてしまうことを言います。

大人でも気道遺物で亡くなる場合もあり、大人で最も多いのは、おもちやピーナッツ、ゼリーなどが気道異物の原因になります。

子供や赤ちゃんの場合だと大人よりも気道が狭い上に、食べて良いものとそうでないものの区別がまだできない場合もあります。

さらに、食べて良い食事でも、どれだけ口に入れると苦しいのかなども分からず、ゼリーやトマトなどを丸のみして気道異物の原因になります。

気道に異物が詰まってしまった時の症状には、風邪をひいているわけではないのに急に咳き込むや

顔を真っ赤にして苦しがる、急に目を白黒させてむせる、酷い場合には呼吸困難で顔色が青白くなり唇も紫色になってしまい息がすえなくなってしまう場合もあります。

他にも、電池などを飲み込んでしまった場合には、食道や気道、胃などに電池がついて皮膚を溶かすことで腹部や気道周辺を痛がったりすることもあります。

気道異物のほとんどが赤ちゃんや子供、高齢者を見守る大人の配慮で防ぐことのできるものが多いので注意をしてあげる必要があります。

気道異物 対処方法

気道に異物が入ってしまった場合には、患者の状態によって対処方法が多少異なります。

むせている場合には、少しの間、様子を見て、むせていることで異物が外に出される場合がありますので注意深く見守ってあげます。

幼児の場合には、のどの見える位置に異物がある場合があるので、その場合には、清潔にした手で異物を取り除いてあげましょう。

この時、のどを傷つけないように十分に注意をしながら異物を取り除きます。(特に爪が長い場合には取り除くのはやめておきましょう。)

乳児の場合には、両足首をつかみさかさにして背中を叩くと異物が吐き出されることがあります。

上記の方法を試してもなかなか異物が出てこない場合や、呼吸困難を起こしている場合、本人がとても苦しそうな場合には迷わず救急車を呼びましょう。

また、異物がすぐに取り出されて症状が改善しても異物が気道を傷つけている場合もあるので、医師の診察を受ける必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ