漢方 冷え性

冷え性は、昔は女性に多い症状として知られていました。

食生活や生理の影響などで貧血気味になりやすかったり、女性ホルモンの乱れで

自律神経のバランスが崩れることから女性に多い冷え性と言われていましたが、最近では男性でも冷え性に悩む人が増えています。

男性の冷え性の生活習慣の乱れから自律神経が乱れてしまったり、ストレスなどでホルモンのバランスが崩れてしまったりと様々な原因があるようです。

冷え症の症状と言えば、手足の先など体の中心から離れた部分が冷える末梢冷え性や、腰やお腹まわりが冷えるなどの悩みを抱えている人もいます。

漢方医学で冷え性は、大きく分けて3つに分類され、『気虚』『お血』『水毒』に分けられています。

それぞれ原因が違いますが、『気虚』は、体のなかのエネルギーが不足することによって、体が熱を作れない状態のことを指します。

症状としては、冷え性以外に、疲れやすく、カゼをひきやすい、寒がりなどの症状があります。

『お血』は、血液の流れや血管などの働きに障害があり、熱が運ばれにくい状態を指します。

冷え性以外の症状では、便秘気味になりやすく、月経痛(生理痛)や肩こり、肌荒れなどの症状があります。

『水毒』は、体の中の水分量が多かったり、少なかったり、偏ってしまっている状態をさします。

冷え性以外の症状では、頭痛や偏頭痛、むくみ、耳鳴り、頻尿などの症状があらわれます。

『気虚』『お血』『水毒』それぞれの状態によって使われる漢方薬が違うので冷え性だからと一概に漢方薬が決められるわけではないのです。

冷え性 相談

冷え性で悩んでいる方が、女性だけでなく男性も増えている昨今。

病院ではなかなか改善することのできない冷え性ですが、運動や食事療法で治る方も多くいますが、一概にみんながみんなすぐに改善するわけではありません。

冷え性以外の病気や症状もそうですが、すぐに改善、完治するものは少なく、長い時間をかけて治療をしていく必要があります。

そのため、冷え性で悩みがある方は一度、漢方薬局で今の冷え性以外の症状や悩み、改善したいところなどを相談してみると良いでしょう。

それぞれの症状に合わせて、漢方の調合をしてくれるはずです。

ちなみに冷え性の『気虚』の場合には、『真武湯(しんぶとう)』、『人参湯(にんじんとう)』、『十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)』などの漢方が調合されます。

『お血』の場合には、『桃核承気湯(とうかくじょうきとう)』、『温経湯(うんけいとう)』、『当帰芍薬散(とうきゃくしゃくやくさん)』などの漢方が調合されます。

『水毒』の場合には、『真武湯(しんぶとう)』、『防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)』、『当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)』などの漢方が調合されます。

上記で紹介した漢方以外にもいくつもの漢方がそれぞれの症状の改善に役立つため調合されます。

また、人の体質や持病などによってまた、別の漢方の調合が行われることもあります。

自分の体調や病歴などによって、冷え性の治療方法も人それぞれになるので漢方薬局で相談をし、自分の体に一番合う漢方を見つけましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ