妊婦 漢方薬

妊娠している女性の多くが悩む妊娠中の薬のこと…。

妊娠中は、胎児(赤ちゃん)の体に害のある薬は飲むことができず風邪などを引いてしまってもそのまま放置してしまう人もいるようです。

妊娠すると、多くの方が経験する『つわり』では、食事がとれず、症状が重い人では水分も満足に取れなくなってしまうこともあります。

すると、体の免疫力も低下し、普段はひかない風邪をひいてしまうことが増えてしまいます。

また、『つわり』の時期を脱しても妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんが大きくなり胃が圧迫され食欲不振や胸焼け、吐き気を覚える人もいます。

これも、また体の免疫力を低下させてしまうことに…。

無理に食事を取ろうとしても、お腹が苦しくほとんど食事をとれないことも多いので普段の風邪よりも治りが悪くなってしまうことも…。

そんな時、病院でも処方されている『漢方薬』を使えば風邪症状を改善することも可能になります。

しかし、いくら安全な薬『漢方』と言ってもすべての漢方薬が安全なわけではなく、副作用がある漢方もあります。

病院では、ツムラから販売されている『漢方薬』が処方されることが多いですが、必ず医師の診察を受けてから漢方を処方してもらいましょう。

赤ちゃん 漢方の影響

漢方は安全と考える方がとても多いですが、実は、漢方にも副作用があります。

西洋薬と比べれば副作用はとても少ないものの、漢方自体は、自然の天然物ですので

食物アレルギーのある方は、特に注意が必要です。

主な漢方の副作用としては、胃もたれ、軽い発疹などがあります。

妊娠していない状態でも上記のような症状、普段とは違った症状、あるいは症状が改善しない場合には服用を中止することが大切です。

また、妊娠中漢方を服用して、胎児(赤ちゃん)に影響がでたという報告は特にないものの副作用があるため特に注意が必要な時期です。

特に、妊娠12週程度まではとてもデリケートな時期で赤ちゃんへの影響がとても大きくなる時期と言われています。

しかし、妊娠前、妊娠中、産後の授乳中にも服用することのできる『安胎薬(あんたいやく)』と呼ばれる薬や

妊娠中のつわり、風邪症状、便秘、貧血、尿路感染症などで処方・服用が可能な漢方もあります。

できれば、妊娠中は、薬と名のつくものの服用は避けるのがベストですが、我慢できない症状や、妊娠前から服用している薬で手放せないなどの

諸事情がある場合には、必ず、産婦人科医と相談をし、医師から赤ちゃんにもお母さんにもベストな薬を処方してもらってください。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ