漢方 相談

漢方とは、中国の漢で発達した薬です。

中国から日本にわたりその後、日本で独自に発展した伝統医学になります。

漢方は、基本的に人の本来持っている病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高める事を重視している薬です。

現在の日本では、148種類(うち1種類が軟膏)の薬が、保険診療内での処方ができます。

特に、高齢者や特殊な難病や病気、妊婦など薬を飲みづらい人が使うことの多い薬として知られています。

最近では、多くの薬局やドラッグストアーなどで漢方が販売されていますが、

漢方だから安心ということはありません。

漢方の種類や飲み合わせによっては副作用や飲み合わせの悪い薬、食べ物などもあるので

漢方を利用する前に、現在の体に現れている症状、改善したい症状、他の健康状態など

ある程度を専門の医師に相談し、必要な漢方を、必要な量だけ調整してもらうことが大切です。

漢方薬局 病気

漢方と一言で言っても様々な種類の漢方があります。

日本で保険診療内で処方してもらえる漢方の種類でも148種類もあり、それ以外の保険診療外の漢方も含めると何万、何十万通りの漢方の使い方があります。

漢方と聞いて一番初めに思い浮かべるのは、動物性成分の『ガマの油』、茨城県にある筑波山では今でもガマの油の実演販売が行われています。

他にも鉱物性の漢方や、植物、植物の根など様々な種類の漢方があり、飲み方も様々です。

細粒で、くちの中に直接入れるものや通常の薬のように錠剤でそのまま飲むものや、口の中でかみ砕いてのむ漢方、

水じゃらグツグツと煮込んで煮詰めた液だけをお茶のようにして飲む薬、細粒をお湯に溶かして飲む薬や、上記で紹介した『ガマの油』は火傷や切り傷などに直接塗る漢方など様々です、

飲む時間帯も、改善したい症状や、処方された漢方薬の量、年齢などによってさまざまで食事と食事の間に飲むものや食後、食前、食事中など本当にいろいろな使い方をします。

病気によって使われる漢方が違うのはもちろんですが、飲む人の年齢、性別、職業、改善したい症状に合わせていろいろな方法が選択できます。

体の調子が悪く、病名も分かっていて、なかなか治らないや通常の薬は飲むのが不安な方、漢方が好きで漢方で治療したい方など多くの人がいると思いますが

どんな病気でも、一度、漢方薬局で症状と、現在の生活スタイル、今後の妊娠などの希望など様々な相談をして必要な漢方を決めてください。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ