単純ヘルペス発疹症 症状

単純ヘルペス発疹症の症状には、

■高熱(2~5日程度続く高熱)

■口内炎(口内炎が痛くて食事はおろか水分も取れない場合もある)

■歯肉のはれや歯肉や歯茎からの出血

■水泡(水膨れのような出来物)

などの症状があり、一度ウイルスが体内に入ると一生体の中で生息するウイルスになります。

しかし、つねに症状があらわれるわけではなく、体調が悪かったり、体力が弱っている時

風邪や病気、睡眠不足や規則正しくない生活を続けていると大人になっても軽い症状があらわれ続けることがあります。

大人であれば症状がとても軽いことがほとんどですが、乳幼児の場合には、症状が重く

食事や水分摂取も嫌がり、入院や点滴治療が必要になる場合があります。

単純ヘルペス発疹症 予防方法

単純ヘルペス発疹症で人の体の中に入るウイルスは、人から人への感染の他にも単純ヘルペスウイルスに感染している人が

使ったタオルなどからでも感染する感染力の強いウイルスになります。

そのため、一度でも単純ヘルペスウイルスに感染したことのある人は、症状があらわれだしたら、マスクの着用や十分な手洗いうがいで飛まつ感染を防ぎます。

また、家族の間でもタオルの共有や同じ布団枕で寝るなどは避けることでさらに感染を防ぐことができます。

特に、小さな子供がいる家庭や高齢者のいる家庭では、注意が必要です。

子供への口移しでの食事を与えたり、キスをしたりなども避ける必要があります。

大人が十分に単純ヘルペスウイルスへの感染予防を行うことで、症状が重症化しやすい

乳幼児への感染を防ぐことができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ