脂漏性皮膚炎 対処方法

赤ちゃんに脂漏性皮膚炎の症状が頭に現れた場合には、良く泡立てた赤ちゃん用のシャンプーや石鹸などで

優しく頭全体を円を描くように洗ってあげます。

洗うときには、爪は短く切り、傷つけないように注意してあげます。

また、まゆ毛に脂漏性皮膚炎が出た場合には、清潔なガーゼに赤ちゃん用の石鹸などを泡立ててつけまゆ毛を優しく拭いてあげます。

また、かさぶたがしつこくなかなか取れない場合には、白色ワセリンやオリーブ油などで脂漏性皮膚炎の部分を

ふやかしてから、石鹸を使って優しく洗い流してあげます。

大人の場合の脂漏性皮膚炎の対処方法は、基本的には皮膚科などで薬を処方してもらったり対処方法を教えてもらいましょう。

また、原因がはっきりわかっている場合にはその原因を治します。

特にすぐに取り組める生活習慣の乱れや食生活の乱れなどを直します。

また、赤ちゃんや大人の場合でも時にアトピー皮膚炎に移行してしまう場合があるので

なかなか治らない脂漏性皮膚炎などの場合には早めに医師の診察を受けましょう。

脂漏性皮膚炎 予防方法

赤ちゃんの場合、生後2週間~3週間程度の赤ちゃんの多くにみられる症状でほとんどの赤ちゃんが経験するといっても過言ではありません。

脂漏性皮膚炎の予防方法は、汗をこまめに拭いてあげ、お風呂に入ったあとはベビー用ローションで乾燥を防ぎます。

また、脂漏性皮膚炎は、時にかゆみを伴う症状も現れるので爪は短く切り肌をかかないようにしてあげましょう。

夜は、ミトンなどを付け大人の目のないときにも肌をかかないよう十分に注意してあげます。

大人の場合の予防方法は、脂っこい食事は減らし、ビタミンBやCを多く食事にとりいれます。

また、洗顔や頭皮を洗う際のシャンプーにも気をつかい、良く泡立ててから洗います。

日常の生活のなかでもできるだけ紫外線をさけ、睡眠を十分にとります。

万が一、脂漏性皮膚炎の症状があらわれた場合には、たかがフケ、たかが肌荒れと軽く考えず早めに皮膚科を受診しましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ