脂漏性皮膚炎 原因

脂漏性皮膚炎の原因は、赤ちゃんと赤ちゃん以外の大人とで原因が異なります。

まず、赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の原因は、赤ちゃんの場合、皮脂の分泌量が大人に比べて多いものの

毛穴が大人のように発達していないため、皮脂が毛穴に詰まってしまい脂漏性皮膚炎を発症してしまいます。

多くの赤ちゃんの場合が、生後2週間~3週間程度の赤ちゃんにみられる症状で

生後4か月を過ぎることにはほとんどの場合が改善します。

赤ちゃん以外の大人の脂漏性皮膚炎の原因は、主に真菌というカビが原因で脂漏性皮膚炎が発症します。

真菌は、人の皮膚に常にある常在菌ですが、皮脂が大好物で皮脂の分泌量が増えると

異常に真菌が繁殖してしまい、繁殖した真菌が毛穴を詰まらせることで肌に炎症が起きてしまう病気です。

脂漏性皮膚炎 症状

脂漏性皮膚炎の症状は、赤ちゃんの場合、生後2週間~3週間程度の赤ちゃんの顔や頭などに

黄色のうろこ状の出来物のようなものができます。

また、肌が赤くなり、かゆみを起こしたり、皮膚が荒れてカサついてしまう、

かたくなった皮膚がはがれてしまうなどの症状が特徴的な症状になります。

大人でも分泌量の多い頭皮や顔にフケ様の付着物を伴う湿疹や薄いかさぶたのような紅班があらわれます。

さらに、毛穴に一致してざらつきがあったり、脂ぎっている、頭皮からフケが落ちてくる

ニキビが出てくるなども病院で調べたら脂漏性皮膚炎であったという場合もあります。

なかなか治らない皮膚炎やフケ、ニキビなどは皮膚科を受診し治療を行いましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ