りんご病 予防方法

りんご病は、飛まつ、接触感染で人から人へと感染をします。

もっとも感染力の強い期間は、軽い症状で微熱、鼻水、鼻づまり程度の症状のころが最も感染力が高く

その後、ほっぺたに赤いりんご病特有の症状が出るころや、体に紅班が出るころにのはそれごど強い感染力は持っていません。

そのため、りんご病に限らずすべての感染性の病気で必要になる予防方法と一緒の対処方法で十分に予防をすることができます。

①手洗い…手洗いは、指の間や手首までしっかり洗い、乾いた清潔なタオルで手を拭きます。

②うがい…水だけのうがいでも十分に効果があります。心配な方は、無理のない範囲でイソジンなどを使ったり、

緑茶や紅茶、水の中に塩をいれてうがいも効果があります。

③マスクの着用…外出時はもちろん、乳幼児や高齢者のいる家庭では家の中でのマスクえお着用する良いでしょう。

乳幼児や高齢者に感染すると顔に傷あとが残ってしまったり症状がなかなか落ち着かない場合があるので注意が必要です。

更に、幼稚園・保育園、学校、会社、介護施設などで今現在流行っている病気を把握し、予防方法をしっかり把握することも大切です。

無理のない範囲で病気を予防し元気な毎日を過ごしたいですね。

りんご病 ケア方法

りんご病を発症してすぐは、風邪に似た症状があらわれるので自宅では風邪の症状に対する対処療法を行います。

熱が高い場合には、解熱剤などを使って睡眠時間の確保や食欲が落ちないようにしてあげます。

また、鼻水や鼻づまりの症状がある場合には、鼻水を吸い取ってあげたり鼻水を出すお手伝いをしてあげます。

大人が口で鼻水を吸い出してあげることも大切ですが、そうした場合には、吸う前も吸ったあとも口の中は清潔に保つよううがいなどをしましょう。

また、発疹や紅班が出て皮膚がかゆい場合には皮膚をかいてしまわないように爪を短く切ってあげます。

さらに、夜寝ている間に皮膚をかいてしまう場合にはミトンなどをはめ皮膚をかかないように注意してあげます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ