りんご病 症状

りんご病とは、両方のほっぺたが赤くりんごのように赤くなる症状からりんご病と呼ばれる病気です。

時には、腕やお腹、太もも、おしりにもギザギザとしたノコギリ歯んおような紅班が出る事もあります。

また、発疹があらわれる前には微熱(時に高熱になる場合もあります。)他にも鼻水や鼻づまりなどの症状があらわれる病気です。

子供がよく温かい部屋にいるとほっぱたが真っ赤になることがありますが、その状態が

常にほっぺたが赤い状態である場合やその発疹の数日前に微熱や風邪のような症状があった場合に『りんご病』と診断されます。

りんご病は、飛まつ、接触感染で人から人に感染する病気ですが、最もりんご病が移りやすい期間が

軽い風邪の症状のころに感染力が強まりその後少しづつ感染力が弱まります。

軽い風邪だからと病院に行かずに自分で病名を判断するのではなく、自分の身の回りや同居する家族などの間で

流行っている病気にりんご病があった場合には早めの医療機関の受診が必要です。

りんご病 原因

りんご病の原因は、『ヒトパルボウィルスB19』というウイルスが原因で感染をします。

この『ヒトパルボウィルスB19』は、ウイルスを保有している人のつばや唾液、鼻水などから感染する飛まつ感染と

皮膚や感染者の触れた手すりやドアノブなどについたウイルスが移る接触感染での感染をするウイルスです。

『ヒトパルボウィルスB19』に感染すると、潜伏期間は、10~20日程度で発症します。

しかし、中にはウイルスに感染しても症状が出ない『不顕性感染(ふけんせんいかんせん』の人も多く

感染したからと言ってもすべての人が発症する病気ではありません。

また、原因ははっきりしていても軽い風邪症状のうちから『りんご病』を疑う医師は少なく、(集団生活の場で流行っている場合は別)

逆に、溶連菌感染症やSLF、膠原病などと誤って誤診してしまう場合もあるので注意が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ