手荒れ 原因

毎日家事で水を使う主夫・主婦や、水を使う仕事をしている人であれば

多くの人が冬の肌荒れに悩み苦しむ方が多いと思います。

手荒れの原因の多くが、冬場の水仕事が原因で手荒れを起こしますが、

中には、パソコンや携帯をよく触る人、また紙や布、段ボール、新聞や

草むしりなどが原因で手荒れを起こす原因にもなります。

紙や段ボールの場合には、肌の油分が、神や段ボールにとられてしまい

肌荒れを起こすケースや、常に乾燥した環境でパソコンや携帯を使っている

方も、乾燥した環境が原因で肌荒れを起こす原因になります。

手荒れ 治療方法

手荒れは、手荒れを起こす前の対策が大切になります。

一度手荒れをしてしまうと、痛みやかゆみが出たりして薬を塗りたくないと感じる方も多いでしょう。

また、見た目でもパックリ割れてしまった肌を気にして、外出を避ける人もいます。

手荒れを起こさせないための対策として最も効果的なのは、手を洗いすぎて油分を落としすぎないことになります。

どうしても、水仕事をしなければならない場合には、ビニール手袋などを付けて肌につく水を

極力避けることが大切になります。

しかし、絶対に水を触らない生活は難しいので、水を触った場合にはしっかり手を拭き、

手の保湿を行うためにこまめにハンドクリームを付ける事が大切になります。

ハンドクリームは、万が一、肌荒れをしてしまった場合でもできるだけ早いうちに

しっかりケアできれば十分に治ります。

しかし、なかなか治らない手荒れの場合には、皮膚科などで手荒れ用の薬を処方してもらったり、

寝ている時、電車の中などではできるだけ清潔な手袋をつけることも対策になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ