足のしびれ 原因

しびれは、神経症状の一つと言われています。

しびれの症状は大きく分けて『感覚の低下』、『運動麻痺』、『異常知覚』の

3つに分けることができそれぞれ、しびれ方に大きな違いがあるようです。

『感覚の低下』…足を触った感覚や熱い、冷たいなどの感覚が鈍くなることを言います。

『運動麻痺』…足を動かしにくかったり、足に力が入らないなどの症状があります。

『異常知覚』…何もしていないのに突然しびれが起きて直前まで正座をしていた時のような

ジンジン、ズキズキとした感覚のあるしびれを言います。

時間とともに消えてしまうしびれは時に問題のあるしびれではなく、一般的にずっと同じ体勢でいたり

正座をした後のしびれは特に問題のないしびれになります。

しかし、それ以外のしびれを放置すると危険な病気のサインの場合があります。

特に注意が必要なしびれには、

・突然足がしびれ数分でしびれが改善された

・片側だけ足がしびれる

・靴下や締め付けの強いズボンを履いているような感覚のしびれ

などのしびれの場合には、早めに医師の診察を受ける事をオススメします。

足のしびれ 病気

足のしびれの症状のある病気にはさまざまな種類があり中には命に関わる病気もあります。

『脳梗塞』・・片側の足の先などがしびれる。他にも失語症や言語障害、片側の足に力が入らないや箸やお椀をよく落とすなどの症状があるようです。

『糖尿病性神経症』・・足の先にピリピリとしたしびれがあらわれます。糖尿病が悪化するとこの『糖尿病性神経症』になるようです。

『パージャー病』・・足先のしびれと冷えが現れその後足の先が青白くなり腫瘍ができることもあるようです。

『閉塞性動脈硬化症』・・足の冷えとしびれが症状になります。歩くたびにしびれや痛みが重くなり放置すると歩くことができなくなってしまいます。

『足根管症候群』・・足の裏やつま先がヒリヒリするしびれが症状です。

『パニック障害』・・極度の不安を感じる前後に足がしびれるようです。このしびれが命に関わる病気かもしれないと更なる不安を呼ぶようです。

どの病気も早期発見・早期治療が大切な病気になります。

合わせて手がしびれるなどの症状がある場合にも早めに病院で医師の診察を受けましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ