デング熱 原因

デング熱は、熱帯や亜熱帯地方で多くみられるウイルス感染症のことで

原因は、デングウイルスというウイルスが人間の体内に入ることでデング熱という病気を発症します。

デングウイルスには、1型~4型までの型があってどの型のウイルスでも症状は同じです、

人にデングウイルスが感染する経路としては、デングウイルスを持っている蚊に刺されることで

デングウイルスが蚊から人へと移ります。

また、デングウイルスを持った人を蚊が刺すと、蚊にデングウイルスがうつり次人を刺すとその人にデングウイルスが移るという仕組みになっています。

今までは、熱帯地方や亜熱帯地方に行く人だけがかかる病気と言われてきましたが、2014年夏には

日本国内でもデング熱の感染によって多くの人が治療を行ったのはニュースでとても話題になりました。

デングウイルスは、蚊から人へは感染しますが、人から人へは感染しないウイルスです。

デング熱 症状

デングウイルスに感染(蚊に刺されてから)2日~10日くらいで突然高熱がでます。

高熱の他には頭痛や目の奥の痛み、腰痛、筋肉痛、骨痛などの症状が現れるようです。

また、食欲不振、腹痛、悪心、嘔吐、脱力感、全身の倦怠感などの症状も現れることもあり

全身のリンパ節が腫れる場合もあり、発熱から3日~5日程度で胸や背中、顔、腕、足などに発疹が現れます。

多くの場合は、1週間程度で症状が落ち着き、通常であれば後遺症もなく回復するようです。

また、同じデングウイルスでも、『デング出血熱』という病気もあります。

始めのうちの症状は通常のデングウイルス感染時と同じですが、熱が治ることになると

血液中の液体成分(血漿(けっしょう))が血管から漏れてしまい出血の症状が出る病気です。

デング出血熱は、適切な治療を行わないと死亡することもあるので、夏の急な発熱では

早めに医師の診察を受けるように心がけてください。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ