手のしびれ 原因

腕や手、指先などがしびれてしまう原因は、さまざまな原因が考えられます。

手や腕、指先のしびれのいくつかの原因には、『神経が圧迫されてのしびれ』や

『脊髄の障害』でのしびれ、『糖尿病』が原因でのしびれとあります。

『神経は圧迫』されてのしびれは、抹消神経という神経が原因で起きます。

抹消神経は、どこを流れているかで名前も違っていて、『正中神経』や『腋窩神経』、

『筋皮神経』、『橈骨(とうこつ)神経』、『尺骨(しゃこつ)神経』などの神経が腕や手、指先を通っており

しびれている場所によって、しびれの原因の神経の場所を特定することができます。

『骨髄の障害』では、骨髄に起きた何んらかの障害で手や腕、指先のしびれにつながります。

代表的な骨髄の障害には、ヘルニアがあり、首に負担がかかっていたり頚椎が変形してしまうことが原因の病気です。

神経が原因のものとは少し違い、加齢や職業によってこの『脊髄の障害』につながることがあります。

『糖尿病』が原因の場合には、血圧の高い状態が続くと手や腕、足などのしびれの原因になります。

他にも、片側の手だけがしびれる場合には、脳梗塞や脳腫瘍などの脳の重大な病気の可能性があったり、

心臓や血管の病気の可能性もあるので原因不明の手のしびれで困っている場合には自己判断せず

医師の診察を受け、しびれの原因を調べてもらうことをオススメします。

手のしびれ 病気

手のしびれを簡単に、加齢…重い物を持ったから…力を入れたからと自己判断するのがとても危険な場合があります。

手のしびれの症状がある病気にはいくつも種類があり専門の医師に病気を早期発見してもらう必要のある病気もあります。

・『肘部管症候群』:小指と薬指その下の手のひらがしびれる症状

・『手根管症候群』:親指と人差し指、中指、薬指とその下の手のひらがしびれる症状

・『尺骨管症候群』:肘部管症候群としびれる場所は同じ

・『橈骨神経麻痺』:上腕部や前腕部が圧迫されしびれる症状

・『胸郭出口症候群』:腕から手、指と広範囲のしびれや痛みの症状

・『頚肩腕症候群』:手のしびれや頭痛が症状で、パソコンを長時間使う人に多い病気です。

・『頚椎症・頚髄症』:上肢のしびれや痛み、また運動障害がある場合には『頚髄症』と診断されますが首の痛みもある病気です。

・『頚椎椎間板ヘルニア』:上肢のしびれや痛み、運動障害などの症状と背中などに痛みを覚える人もいます。

・『頚椎後縦靱帯骨化症』:手や指のしびれ、運動障害、歩行障害などの症状が現れる病気です。

他にも、『脳梗塞』や『脳腫瘍』、『骨髄腫瘍』、『膠原病』、『多発性硬化症』、『うつ病』などの病気が原因で手や腕、指がしびれる場合があります。

症状から自己判断せず、医師の診察を受け、早期発見・早期治療を行うようにしてください。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ