蚊 刺されたら

蚊は夏に多く発生し、人を刺すイメージが強いですが、実は1年中人を刺す蚊もいるのです。

蚊の種類には、主に昼間に人を刺す『ヒトスジシマカ』東北中部以南の人家ややぶの中、

公園や墓地などに多く生息し、デング熱のウイルスを持っている『ヒトスジシマカ』に刺されるとデング熱に感染することがあります。

主に夜に人を刺す、『アカイエカ』北海道~九州まで多くの地域にいて住宅地に生息していることが多いです。

昼夜問わず人を刺す『チカイエカ』ビルの地下や商業施設などの建物の中を好み、寒くなっても

1年中活動することのできる変わった蚊です。

蚊は一般的に長くても1㎞程度しか飛行しないので、近所で蚊を増やさないためには卵を産ませる環境を作らないことが大切です。

蚊の幼虫は、水の中で生活しますが、たくさんの水は必要なく、空き缶や下水溝、古タイヤの中、竹の切り株、墓地の花立などで

産卵し、卵から幼虫に羽化するやっかいな生物です。

主に、人を刺すのは、産卵まじかの雌の蚊のみで、産卵する前の雌や雄は基本的に花の蜜などを吸って生活しています。

ひと夏に1度も蚊に刺されないという人は少なく、多くの人がひと夏に必ず1箇所は蚊に刺されることがあると思います。

蚊に刺されてしまった場合には、かゆみを止めるために市販のかゆみ止めなどで対処することが可能です。

また、人間の脳は、かゆみよりも痛みに敏感なため、蚊にさされた箇所をつねるや、氷で冷やすなどの対処を行う人もいるようですが

氷で冷やしすぎて低温火傷をしてしまったり、つねったところから血が出てしまったりすることもあるのでやりすぎは注意が必要です。

そこで、蚊に刺された場所は、空気に触れなければかゆくならないことを利用し、絆創膏で処置をする人もいます。

蚊にさされてから、高熱が出たなどの内科的症状が現れた場合には早めに医療機関を受診し、蚊に刺されることで体内に入る

恐ろしい病気を早めに発見しましょう。

蚊 対策

蚊に刺されるのを避けるためには日ごろの対策が必要になります。

多くの方が利用する対策例としては、市販の虫よけスプレーや体に塗るタイプの虫よけの利用が最も多いです。

中には、虫よけの匂いが嫌いというお子さんのために、虫よけスプレーを自家製でつくるお母さんもいるようです。

自家製の虫よけスプレーは匂い以外にも肌に優しく、肌の弱い人にはとても良い虫よけになります。

作り方は、『精油(シトラネラやレモングラス、ユーカリシトラドラ)など』、『エタノール』などの準備と

その液体を入れるための青色遮光容器(スプレータイプ)、mlが計れる容器、ミネラルウォーターなどになりとても簡単に入手できるものばかり。

エタノール5mlに精油を入れ良く振り、ミネラルウォーター45mlを入れれば虫よけスプレーの完成です。

アルコールのアレルギーのある人は医師に相談の上で作成、使用してください。

虫よけ以外にも、虫の多い公園やお墓、水辺などで行く場合には、長そで、長ズボンで刺される部分を外に露出しないように気を付けます。

また、家の中では、虫よけのぶら下げるタイプの虫よけや虫よけスプレーを定期的に玄関や窓辺に撒くのも良いでしょう。

また、最近注目されているのが、『蚊取草(カトリソウ)』で、読んで名の通り、蚊を近づけない効果があるようです。

蚊取草を定期的に手などでユサユサと触ると蚊の嫌いな匂いが発せられるようで、昔から園芸を楽しむ家庭では鉢でおいてある家庭もあるようです。

蚊に刺されないために、蚊を近づけない対策も大切になるようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ