手足のしびれ 原因

手足のしびれと一言で言っても、しびれている箇所やしびれの度合いなど人によってさまざまです。

今あなたに現れている手足のしびれがどのような原因で起きるのか…。

それは、しびれの場所や、しびれの組み合わせ、どんなしびれ方なのか…などである程度絞りこむことができます。

しびれには、『神経系の異常でのしびれ』と『血流の障害でのしびれ』の二つに分けることができます。

主に、『血流の障害でのしびれ』の場合には、多くの場合が運動時にしびれやすいというのが特徴です。

特に中高年の方が、歩きはじめ片方の脚がしびれるなどの症状の場合には『下肢閉塞性動脈硬化症』という病気が疑われます。

また、前屈の状態や寝返りをした時にしびれを感じる場合には、『椎間板ヘルニア』などが疑われます。

『神経系の異常の場合』には、歩き出すときや運動の時に麻痺を起しているようなしびれの場合には、脳の病気が原因であると疑われます。

さらに、血液中のしびれで最も注意しなければならないのが、心筋梗塞や脳梗塞などの血管がふさがってしまう病気です。

手だけ、足だけのしびれの場合や、手足片側だけがしびれるなどの場合にもしびれの直前まで正座をしていたや

足を組んでいたなどの原因がはっきりしない場合には、早めに医師の診察を受け原因を見つけましょう。

手足のしびれ 病気

手足のしびれは、多くの方が『しびれ位…』と考える方がいるようですが実際には大きな病気が隠れているサインのこともあります。

手足同時のしびれで注意が必要な病気には、『一過性脳虚血発作』、『脳出血』、『脳腫瘍』、『脳梗塞』などの脳の病気から

『多発性硬化症』、『ギラン・バレー症候群』、『糖尿病性ニューロパチー』、『脊髄空洞症』、『ビタミンB1欠乏症』

『頸椎後縦靭帯骨化症』、『甲状腺の機能低下』や『パニック障害』、『うつ病』などの病気が隠れている場合があるのです。

とても身近なものでは、血の血流が止まった状態(長時間の正座や手足を引き締めるような手袋、靴下)などの着用でもしびれは起きることがあります。

また、寒さで血管が細くなり、しびれを感じる人もいるようです。

この場合、多くは原因が本人も十分に分かっていると思うのでそれほど深く考える人は少ないでしょう。

血流が回復すれば、しびれも消えいつもと変わらず生活・行動することができます。

しかし、自分では原因がはっきりしないしびれの場合には、上記のような怖い病気が隠れているということを十分に認識し

体に異常があれば、出来るだけ早く医師の診察を受け、原因を探ることで病気の早期発見・早期治療を行うことができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ