アレルギー性紫斑病 治療方法

アレルギー性紫斑病の治療方法は、紫斑のみの症状の場合には治療はせず、症状を見守るかたちになります。

しかし、基本的に紫斑が消えるまでは安静な生活を心掛けることが大切で小学校や幼稚園、保育園に登園・登校している場合には

紫斑が消えるまでは休むことが多いです。

腹痛や嘔吐、関節痛の症状がみられる場合には、ステロイドの服用や点滴で急性期の治療を行います。

症状の重さにもよりますが、数日から数週間、長期になっても2~3か月程度で退院や投薬を終了することができます。

また、紫斑のみの場合も、急性期の症状が激しい場合も、尿検査で腎炎の発症の有無を調べる必要があります。

一昔前までは、治療に、ビタミンCなどの薬を摂取することで、血管の壁を強くするといった治療が行われていましたが

現在では、この治療で劇的に紫斑が消えたなどの症例があまりなく、多くの病院では、患者や家族に

ビタミンCの投与をするかしないかゆだねる場合もあります。

アレルギー性紫斑病 予後

アレルギー性紫斑病は、現在の医学をもってしてもはっきりとした原因・治療方法が不明の難病です。

治療費は、多くの自治体が乳幼児医療費補助制度を適応しているため

最近では、難病認定を受けるために各保健所への届け出をする人も少なくなりましたが、

家族にアレルギー性紫斑病と診断された方がいて、お住まいの地域の乳幼児・小児医療費補助制度の

適応が行われない場合には、申請を出すと、地域によりますが、医療費が安くなったり無料になったりする場合があります。

詳しくは、受診している小児科の担当医や受付の方、お住まいの市区町村の保健所に確認してください。

また、アレルギー性紫斑病の予後は数か月単位では再発を繰り返す場合があるものの、

多くの場合には良好で、再発なく過ごせる人も多いものの、中には、数年単位で再発を繰り返したり

成人になってからも再発を繰り返す方もいるようです。

さらに、腎障害の激しかった女性の場合には、妊娠中に腎機能が悪化したりする場合もあるようです。

子供に多い病気のため、成人後に再発して内科を受診しても理解されず苦しむ患者さんもいるようなので

主治医の小児科医などと緊密な連携が必要になる方もいるようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ